資産と負債

資産と負債のバランスを大切に

更新日:

42463367ef7d26da9b61c5302cf6a801_s

ノンバンクのCMでよく「収入と支出のバランスを大切に」という言葉を目にします。ちなみに、ノンバンクとは「はじめての~」や「黄色い看板~」のような企業のことです。収入と支出のバランス。これは確かに大切です。そこに疑いの余地はないでしょう。赤字を出し続けるようなお金の管理をしていたらいつかは破産しますから。

しかし、「収入と支出のバランス」を気にするだけでは不十分です。それだけでは完全に隙だらけです。美人に見とれる男のごとく。

僕は株式投資をやっているもので、また企業の話をします。企業の決算書にはかならず「貸借対照表」と「損益計算書」というものがあります。「貸借対照表」は資産と負債の明細のようなもので、「損益計算書」は収支の明細です。これら二つを合わせて「財務諸表」と言います。

たとえ、収益を充分にあげている企業でも、負債が資産よりもやたら多い企業は優秀とは言えません。それだけ借金の返済にお金を使ってしまい、収益力に問題があれば倒産のスピードがやたら早くなるからです。なので、企業の実力を見るときには「貸借対照表」と「損益計算書」の両方が必要になるのです。

そして、これは個人でも同じことです。実は、誰の家計状況でも「貸借対照表」と「損益計算書」は存在します。そのことを知らない人は、「ただ書いてないだけ」です。財務諸表を作ってみたことがないから、その存在を見たことがないし、知らないだけなんです。

貯金や現金は「資産」ですし、ローンやカードの未払い金は負債です。給料は収入ですし、日々の支出もあります。これらのまとめ方を知っていれば簡単に財務諸表が作れます。存在を知らなくても、財務諸表は誰にでもあるのです。

僕はお金の管理を家計簿で行っていないのでよく知らないのですが、家計簿の多くは「収支の記録」のみではないでしょうか?つまり、これだけでは不十分なんです。月ごとにでも、自分の「資産と負債の残高」を記録していったほうがいいでしょう。それを見ながら「資産と負債のバランス」をコントロールできるようになればいいのです。

いくら収入が多くても、ローンやカードの支払いに多くのお金を掛けているようでは家計は改善されません。それらには元本の支払いだけではなく、利息も付きますし。資産よりも負債のほうが多い場合、何らかの要因で収入が減ったりなくなったりすると一気にピンチになります。自分の家計が「倒産」してしまうリスクが高いのです。

「収入と支出のバランス」も大切ですが、「資産と負債のバランス」も大切にしましょう。資産と負債のことは、簿記などをやっていないとあまり馴染みのない分野かもしれませんが、それは非常に重要です。健全な家計管理のためにも、自分の「資産と負債のバランス」を知ってみて下さい。難しいことではありません。資産はいくら、負債はいくらというのを書き出して、その比率を計算すればいいだけです。最低でも、「資産:負債=1:1」以上がいいでしょう。それなら、収入がなくなったとしても借金取りに追われるようなことにはならないでしょうから。

自分のお金の状況を知ることが、お金の知識を知る第一歩かもしれませんね。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-資産と負債

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.