節約術

節約はこうやるべし

更新日:

a5b243dfb6b4fa78facf3d0362572409_s

前回の記事「これを知らずにして節約なし」で、「節約は効率的にやる」ということを書きました。あまり効果のない小手先のテクニックをかき集めて一つ一つを実行するのは時間の無駄に終わってしまう可能性が高い。時間が掛かる割にはたいして成果も出ない。これでは効率が悪い。ならば、「節約を効率化」しましょう。

節約を効率化するには、優先順位を考えること。ここで言う優先順位とは、支出の優先順位。優先順位の高いものから払うようにすると、無駄な支出を抑えることが出来ます。家賃や水道光熱費などの必要な支出はさっさと払う。あとは、残った予算をどうするのかを考えればいいんです。

予算を意識しながらお金を使えるようになれば、自然に節約が出来るようになります。何の基準も持たずにお金を使い続けるよりも、予算をしっかり管理してお金を使ったほうがいいんです。それはなぜか?

自分が稼げるお金にはそのときそのときで限界があります。ならば、その限りあるお金をどう使い、どう活用するのか?これくらい考えるべきです。無限にお金があるならどう使ってもいいのかもしれませんが、そんな人はほとんどいません。それに、収入の範囲を飛び越えてせっかく貯金したお金などにも手を出すのはどうかと思います。収入の範囲を飛び越えてお金を使い続ける、つまり「赤字が続く状態」では、いつか限界がきます。最悪の場合、破産するかもしれません。

要は、お金の使い方や節約を考えるのなら、「収入」と「支出」両方に目を向けるべきなんです。

節約で見落とされる可愛そうな奴

世の中の「節約術」というものを見ていると、「いかに支出を減らすか?」というところに焦点を当てているものが多いように感じます。節約は、無駄遣いをやめて切り詰めることなので、間違ってはいないかもしれません。しかし、節約をする上で忘れてはいけないものがあります。

それは「収入」です。

あなたが節約術を知ろうと思ったのはなぜでしょうか?

「支出を減らしたい」と思ったからではないでしょうか?

ではなぜ「支出を減らしたい」と思ったのでしょうか?

それは「収入」と「支出」を見て思ったのではないでしょうか?

「お金に余裕があり、毎月かなりの額が余る」なんていう方なら、節約術にそんなに興味を示さないでしょう。(まあ、物好きはいるでしょうが)「お金がこんなに余って困っているのに、節約なんて出来ない!」なんて言ってみたいものです。つまり、支出よりも収入が充分に多い場合には、人は節約にそこまで興味を示さないはずなのです。最近のブームである「節電」は別かもしれませんが。

収入が余る「黒字」の状態がずっと続き、その「黒字」の額に満足しているのなら、そこまで節約は必要とされないかもしれない。まあ、価値と価格を気にする人は多いかもしれませんが。

要するに、節約術を求める人の多くは「収入の割りに支出が多い。だから減らしたい」と思っているものなんです。入ってくるお金の範囲内で生活しなければ、その人には大きなお金の問題が生まれています。「プラマイゼロ」で終わってしまうのも大きな問題なので、貯金額などを差し引いて考えると、収入の全ての範囲で生活することも問題になります。

企業はプラスのキャッシュを生み続けなければ存続・発展できませんが、それは個人でも同じことなのです。

「収入の割りには支出が多くて厳しい。だから減らしたい」

そう思って節約術に興味を持っているのなら、小手先のテクニックを学ぶ前に、自分の収入と支出をしっかり見ましょう。支出を減らすのは大事ですが、まずは収入と支出のバランスを見るべきなんです。

「今の収入に対して、これくらいのお金を使っている」

家計簿などの記録からこんなことを見ます。そうすると、「どこが問題で、どこを改善すべきか」ということがわかってくるはずです。

なんの理由もなしに「節約しなきゃ!」なんて思わないでしょう。まずは、その理由をしっかり見極めましょう。

お金のサイクルの理想は、「収入の範囲で生活し、かつ、その中から貯金や投資に回す充分なお金を生み出し続けること」です。それを目指すためには、「どうすればそれを実現できるのか?」を考えます。

節約のコツ

まず、収入の範囲で生活するにはどうしましょうか?「収入を増やせばいいじゃん!」ですって?それは正解ですが、今回は節約の話に絞っていきます。

収入の範囲で生活することは当たり前なのですが、忘れがちなことでもあります。つまり、「その収入に見合ったライフスタイル」というのは必ず存在するのです。厳しいかもしれませんが、それが現実です。だから、自分よりも生活水準の高い人に合わせようとして支出を増やすのは大問題。そういう場合は、支出を増やす前に収入を増やすことを考えましょう。

最初に、節約のコツを簡単にまとめるとこうなります。

「収入から予算を考え、支出の優先順位を決めて、優先順位の高いものから支払い、予算の範囲から外れるものにはお金を払わない」

つまり、「必要なものにはお金を払ってもいいが、 必要じゃないものにお金を払わないようにする」ということです。

ここで、僕が思う支払いの優先順位を書いておきます。

1、家賃・ローン・水道光熱費・カードの支払い・通信費などの固定的な支出
2、貯金や投資資金
3、食費・消耗品費(シャンプーとか下着とか)などの固定的な支出だけど変動しやすいもの
4、雑費(欲しいものとか)・交際費(飲み代とか)などの「絶対に必要なわけじゃない支出」

こういう順位は大事にしましょう。

前回も書きましたが、家賃や水道光熱費、ローンやカードの支払いなどは、支払わないと大きな問題が発生するので真っ先に払います。

次に「貯金や投資資金」を上にした理由は、「貯金のコツ!」でも書いたように、「余ったら貯金しよう」なんて考えじゃ余らないからです。貯金は大事なものなので、無駄なものにお金を使ってしまう前に貯金してしまうべきです。また、僕の場合は株式投資をしているので「株式投資のための資金」もここで抜くのですが、「勉強するための本を買うお金」も「自己投資」と考えて先に支払います。まあ、何でもかんでも「自己投資」にするのはやめましょうね。僕の基準は「それによって利益を見込めるのか?見込めないのか?」ただそれだけです。

上の二つよりも「食費・消耗品費」の優先順位を下にしたのは、これが「必要なのは必要なのだけど、ついつい無駄に払ってしまいがちなもの」だからです。
食費や消耗品費は、家賃などに比べて頻繁に支払うものなので「今日は奮発しよう!」とか「 あ、まだシャンプーが余ってるけど、新しく良さそうなのが出たから買いたいわ」なんて誘惑に駆られやすい。こういう誘惑で支払ったお金を通算すると結構な金額になっていたりするので、貯金を先にしたり、水道光熱費を先に支払ったりするほうが無駄が減りやすいんです。

優先順位が一番下なのは、言うまでもなく「雑費」です。これは誰でも同じです。遊びに使うお金とか、飲みに行くお金とか、外食に使うお金とか、服を買うお金とか、タバコを買うお金とか、趣味に使うお金とか・・・

こういうものは一番最後に支払うべきです。

一人一人価値観は違います。なので、「食べ歩きが大好きなんだ!」とか「私はおしゃれに人生をかけてるの!だから、服はたくさん欲しいわ!」とか「タバコがなきゃイライラして生活に支障が出る!」とか「友達付き合いは大切!飲みに行くのを断るわけにはいかない!」とか「彼女に使うお金は惜しみたくない!」とか言う人がいても大丈夫です。

しかし、そういう「個人的に大事だと思う支出」は、家賃や食費、貯金などを犠牲にしてでも払うべきものでしょうか?よく考えて見てください。まあ、「家賃よりも飲み会が大事!」とか思うのなら知りませんが。

要するに、根本的な節約をするのなら「過剰な節電」などで必要なものを無理矢理減らすのではなく、「必要のないものを減らす・なくす」ようにすればいいんです。

考えて見て下さい。よくよく考えれば「あのお金は無駄だった」なんていうものが思い当たりませんか?そう、そういうものにお金を払わないようにすればいいんです。そこまで飲み会が大事じゃないと思っているのなら、一回や二回行かないだけで「節電」よりもずっと大きな節約になります。やたら買い物をしてしまうのなら、それを減らすだけで大きな節約になります。

無駄遣いをする習慣をなくす。これをすれば、節約レシピとか節電・節水とかの「節約生活」による節約よりも、ずっと大きな効果があります。必要なものを無理矢理減らすのはストレスになりませんか?そうではなくて、「よくよく考えれば無駄遣い」というものを減らすことのほうが、精神的にも楽ですし、成果も出やすい。僕は「よくよく考えれば無駄遣い」だと思うものにお金を使うほうがよっぽどストレスです。

無駄遣いをする習慣をなくすために、支出の優先順位を考えるのです。そして、支出は収入の範囲以内で納めなければいけない。収入によっては、その範囲が狭くてストレスが溜まるでしょう。しかし、それが「自分の生活水準」なんです。それが現実です。それが嫌だと思うのなら、収入を増やす努力をしましょう。

お金に強くなるには努力が必要です。これも小手先のテクニックではどうにもなりません。今回紹介した「根本的な節約術」も、「考える、行動する」などの努力が必要です。何かを変えたいのなら、それ相応の努力が必要ですから。

さあ、次回はもっと突っ込んだ節約術を書いていこうと思います。ではでは、今回はこの辺で。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-節約術

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.