節約術

無駄遣いを減らしたいあなたが知っておくべき考え方

更新日:

628580d1f8f926e62b36f594d6c66ccb_s

「これを知らずにして節約なし」
「節約はこうやるべし」
で節約について書いてきました。

支出を減らす、無駄遣いを減らすというのは、小手先のテクニックだけではあまり効果が出ません。
単に「無駄遣いを減らす」というのは、「減らせそうなものをとにかく減らす」ということになってしまいがち。
それでは効率が悪い。

なので「節約を効率化する」ことが必要になります。
それには、支出に優先順位をつけること。
つまり、「無駄遣いを無駄と認識すること」から始めるのです。

闇雲にいろんな支出を減らそうと努力するのではなく、無駄遣いを「これは無駄だ」ということに気づき、それに焦点を当てて減らしていく。
そうするほうがずっと効率がいいです。

前回は、「優先順位の高いものから支払うようにし、優先順位が低いものを払わないようにする」ということを書きました。
これが節約の基本です。

しかし、優先順位が高いものでも、それが無駄遣いになっている場合もあります。
今回はその辺を考えていきましょう。

見逃している無駄遣いを見つけよう

優先順位の高い支出は、家賃・ローン・水道光熱費・通信費・カードの支払い・・・など、支払わないと大きな問題が発生する支出です。
こういったものは何よりも真っ先に支払うべきなのですが、もし、この中に無駄遣いがあったらどうしましょう?

そう、知らない間に「無駄遣い」の優先順位を上げてしまっている場合もあるんです。
こういった支出は、契約したりしたら必ず払わないと問題が発生してしまいます。
その契約などをした時点で無駄遣いになってしまっていたらどうしましょうか?
そういう場合、無駄遣いを優先的に支払ってしまうことになります。

しかも、毎月同じ額を払っていると、それを見直そうと思うことってあまりないでしょう。
遊びのお金や食費などは頻繁に支払うために意識しやすいのですが、家賃などはあまり頻繁に意識出来ないでしょう。

つまり、そういった固定的な支出もしっかり見直して、無駄があれば削減すべきなんです。

具体的に考えてみましょう。

まず、一番減らしやすいのが「カードの支払い」です。
「クレジットカードはここが怖い!」でも書きましたが、カードでお会計をするということはカード会社からお金を借りているだけなので、手持ちも現金がなくても買い物などが出来てしまいます。
だから、カードを頻繁に使うと支出が多くなりがち。
カードを使った分のお金は後でちゃんと払わなければならない「負債」なので、優先順位が高くなってしまいます。
支払いをしないと罰則として更にお金を払わないといけなくなりますし。

なので、カードの支払い(決済)の金額が毎月多くて困っているような方は、現金払いに移行していきましょう。
要は、「ちゃんと手持ちのお金を活用するようにする」 ということです。
現金で全部払うようになると不思議なことに無駄遣いが減りやすくなります。
カード未払い分は「負債」なので、とにかく減らすようにしましょう。

次に「通信費」を見てみましょう。
通信費は「固定電話代」「ケータイ代」「インターネット代」などのことです。
これらは、なんとなく最初に設定したままで使ってしまいがちです。
ケータイのプランをしっかり見直してますか?
「無料通話が余りまくってる」とかいう場合は、プランを変えてしまいましょう。
これで無駄遣いがまた減ります。
また、無駄にケータイを2台以上持っている場合も問題です。
そんなに明確な使い分けをしていない、2台持っている必要性を感じなくなってきた。
そんなときは、思い切っていらない方を解約してしまいましょう。
ただ、今の時代は解除手数料で1万円くらい取られるので、その辺もお忘れなく。
しかし、一回1万円を払って解約したほうが、そのまま払い続けるよりもお金が掛からない場合も多々あります。
まあ、「いつ解約すれば解除金払わなくていいのか?」を各電話会社に確認するのもいいでしょうね。
僕は固定電話を持っていないのでそこまで詳しくはないのですが、固定電話にもプランがいろいろあります。
今よりも安くなるプランがあるのなら、安くしましょう。
インターネットも同じです。
プロバイダを変えたり、無駄にWi-Fiとか持っているのならどっちかに絞るとか、いろいろ出来ます。

次に、「家賃」も結構見逃しがちなものです。
「家賃が高い、負担になっている」とか感じているのであれば、安いところに引っ越してもいいのではないでしょうか?
引越し費用を払うよりも、その高い家賃を払い続けるほうが大きな支出である場合も多々あります。
ちゃんと計算して考えて、削減する道を探しましょう。
ついでに言うと、住民税が安い地域を狙って引っ越すというのも結構効果があります。
この辺はしっかりした情報収集が大事。

あとは、無駄な保険は解約する・乗り換えるとか、 エアコンの設定温度を変えるとかいろいろあります。
ただ、住宅ローンとか車のローンとかは難しいです。
こういったものは、毎月追加返済をしたほうが利息を払い続けるよりもお金が掛からない場合もあるので、よく考えてみて下さい。

無駄遣いを見つける習慣

無駄遣いを見つける方法をちょっと書いてみましたが、こういうものは単発で終わらせるのではなく、習慣化することが大切です。
「毎月何日に無駄を見つける作業をする時間を作る」とか決めて、定期的に行いましょう。
単発で結果を出して満足するよりも、それを習慣にしてしまうのです。
別に毎日する必要はないのだから、そんなに難しくはないと思いますよ。

無駄遣いをしているということは、自分の大事なお金を失くしているのとそんなに変わりません。
それに、お金を払うということは、別の誰かが儲かっているということなんです。
自分に取ってたいした価値も与えてくれない人にお金を払うのって嫌じゃありませんか?
僕は、「お金を払うのなら、自分にいい商品やサービスを提供してくれる人がいい!」とかいう考えがあるので、そもそもそんなにお金を無駄に払わないほうです。

お金が集まらないのにはそれなりの理由があり、お金に好かれないのもそれなりの理由があります。

「無駄遣いをする習慣」に気づき、「無駄遣いをなくす習慣」を作っていく。

節約が出来ない、無駄遣いが多いというのは、結局はその人自身の問題です。
自分に問題があることに気づき、問題を解決していく。
それは、小手先の節約術を身につけることではありません。
自分を変えるのです。
「無駄遣いをしない自分」に。

本物の節約とは、自分としっかり向き合って、自分を変えていくことに似ているんです。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-節約術

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.