貯金

貯金のコツ~パート2~

更新日:

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

前回の記事で貯金のコツを書いてみました。
それを簡単にまとめると、
1、収入が入ったらすぐに貯金する
2、貯金用の口座は分ける
3、「毎回必ずいくら貯金する」というルールを作る
といった感じです。

貯金は、余ったからするのではなく、給料天引きで行う。そして、そのお金を簡単に使っていけない。

これを実行していなかった方は、これを出来るようになることで貯金が上手くなるでしょう。お金をコントロールするということは自分をコントロールするということでもあります。自分で決めたことをしっかりやる。あとはそれが出来るか出来ないかの差です。

今は上手く出来なくても 、繰り返しやっていけば上達するものです。お金の訓練のようなものですね。つまり、自分を上手くコントロールすることも貯金のコツと言えます。

貯金の目標を持つ

貯金をすることに明確なルールを作り、それを実行する。これが貯金を上手くするための土台のようなものです。ルールを作ってしっかり実行できるようになったら、次の段階。

「目標を持つ」

ということをやってみましょう。

目標って何においても大事です。仕事であっても、ビジネスであっても、投資であっても、プライベートであっても。そんな「目標」という概念を貯金にも取り入れると、モチベーションの維持にも、効率化にも役立ちます。

やることは簡単。「いつまでにいくら貯金する」というのを決めてしまえばいいんです。そして、その目標から逆算することによって、毎回の貯金額がわかります。

わかりやすい例を出します。例えば、「一年後までに12万円貯金する!」というのを決めたとします。一年は12ヶ月ですから、「12万÷12ヶ月=毎月1万円」という感じになります。まあ、単純なことですよね。

ここでポイント。
・目標には必ず期限をつける。「そのうち~」なんて考えじゃなにも出来ません。
・その目標と期限から、「何をしていけばいいか」というのを導き出す
・それを必ず実行する

これは目標を立てる上での原則ですが、それを貯金に応用しているだけです。仕事においても、この目標の立て方は効率的です。「いつまでに何をする。」というのを決めて、そこから逆算する。それをすることによって、「日々何をすればいいのか?」が明確になります。

自分自身の目標や経済状況などを考えて、貯金の目標額を決める。なんとなく毎月1万円貯金するよりも、目標を持っていたほうが モチベーションも違うでしょう。

目標を持つことって、やっていない人が結構いると思います。
「いつまでにこれをしてやろう」
「この日までに必ずこれを実行する!」
目標を持つことって、実はかなり効率的なんですよ。無駄なことが減るし、やるべきことが明確になりますから。

この「目標を持って貯金する」というのは、大事なコツです。「貯金したい!」という方は、是非実行してみて下さい。

貯金の目的を明確にする

貯金の目標を持つ。これは天引き貯金の話くらい大事なことです。しかし、これだけでは足りない。

「なんでその金額を貯金したいのか?」

これも考えないと、何のために貯金しているのかわからなくなり、ついつい使ってしまうかもしれません。「いつまでにいくら」というのは大切なことです。でも、「なんでそうするのか?」が明確じゃないと、本当の目標とは言えない。よく「売上目標~円」なんて掲げる企業がいますが、「なんでそうしたいのか?」を明確にしてないと、その目標は意味を持たない。

貯金も、「なんでしたいのか?」がとても大事。ただ単に「老後のため」なんて曖昧な目的じゃ意味がない。貯金の目的は人それぞれ違うんです。自分の目的を明確にしましょう。

何かを買いたいから、何かを始める資金が欲しいから、老後はこれくらいの金額が必要だという結論が出たから、子供が生まれるから、などなど。その人の環境や現状や価値観などによって、その目的は変わってくる。目的は何でもいいです。

「一年後に30万円のギターが欲しい。だから、毎月2万5千円ずつ貯金しよう」
こういう風に、目的が明確で、期限の付いた目標が、効果を発揮する目標です。目的が明確だから、道を間違えない。目的・目標に向かってまっすぐ進むことができるんです。
何事も、「なんとなく」やるのはやめましょう。それをやるなら、何かしらの目的があるはずです。それを明確にすれば、日々の行動に意味を感じることができる。
意味を感じれば、モチベーションも上がります。

将来のための貯金は必要

貯金の目的が何でもいいとは言っても、やはり、将来のための貯金は必要です。将来、仕事を失い、収入がなくなるかもしれない、突然、多くのお金が必要になるかもしれない。人生において、リスクというのはいつも隣にいます。「自分は大丈夫」なんてことは、絶対にないんです。

だからこそ、「将来のリスクのための貯金」は必ずするようにしましょう。

問題は、その金額。僕がおすすめしたい目標は、「一年間働かなくても今の生活ができる金額」です。この貯金があれば、ある程度のリスクには備えられるでしょう。それに、「仕事がなくなっても、一年は暮らせる」という気持ちの余裕もできるので、目的としてもなかなかではないでしょうか?

まあ、ある人は「2年は働かなくても今の生活ができる金額」とも言っていたので、その辺はご自身で判断してください。

「何かが欲しい」とか「何かの資金が欲しい」という目的のための貯金以外にも、必ず「リスク回避のための貯金」はしましょう。さっきの話と矛盾するかもしれませんが、ここに明確な目標を見出せない人もいるかもしれません。でも、これは必要な貯金。「義務」とでも思って、年収分の貯金を始めてみて下さい。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-貯金

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.