ビジネスについて

価値を生み出すビジネス

更新日:

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s

ビジネスの定義っていろいろあるようですが、自分なりに「これだ!」というのを見つけるとビジネスをもっと理解できるようになります。

例えば、「人」に焦点を合わせた場合。

「人」に焦点を合わせると、ビジネスは「人を魅了し、人を集め、固定客になってもらうこと」 という見方ができます。人がいなければビジネスは成立しない。どんなに素晴らしい商品やサービスを作り出しても、人が集まってこなければ何の価値もないんです。

人が集まり、商品やサービスを買ってくれなければお金は流れない。ビジネスにおいてお金の流れは必要。だから、人が集まらなければビジネスなんて成立しない。例えそこに大勢の人がいても、自分のビジネスに興味を持ってもらわなければいい商品に価値は生まれないんです。

だから、マーケティングというのは重要。いい商品やサービスを作れば売れるなんてことはない。人を集めるマーケティングが上手くできないとビジネスとしての価値は無いに等しいんです。

「人」に焦点を合わせてビジネスを見てみると「人を集め、信用させること」。ビジネスにおいて大事なのはそこなんです。

信用がなければ、いくら魅力的なマーケティングを行っても固定客はできない。大事なのは新規客よりもリピーター。まあ、新規客も大事と言えば大事なんですが。

人を魅了すれば新規客はたくさん集まるかもしれない。一度だけお客さんを信用させれば買ってくれるかもしれない。

しかし、信用がなければ固定客にはならない。悪徳業者なんかは「一度きりの魅了と信用」は上手いが、リピーターは作れない。

お客さんが信用してくれないと、そのあとのリピートによって生まれる利益を逃がしてしまうのです。

「お金」に焦点を合わせた場合

では、「お金」に焦点を合わせてビジネスを見てみるとどうでしょうか?

まず、人が集まらないとお金も流れないので、お金よりも人が大事なのは明白。そこを忘れてはいけません。

そして、ビジネスをお金の面で考えると、ビジネスは「価値を生み出すもの」という見方ができます。

そこまで価値のない原材料(プラスチックとか金属とか小麦粉とか)を加工して、何らかの商品を作れば、原材料以上の価格で売ることができる。つまり、その行為によって新たな価値が生まれる。

現状ではそこまで価値のないものに価値を与えることができるのがビジネス。お金の面で見るとそういう見方ができるんです。

自分が持っているだけではただの「知識」としてしか使えないものでも、それをアウトプットし、それによってお金が流れる仕組みを作れば新たな価値が生まれ、ビジネスが成り立つ。学習塾とかはそうやって成り立っていますよね。

金持ち父さんは「ゴミを現金に換えろ!」なんて言っていましたが、それが価値を生み出すということ。

1円の価値もないものに100円の価値も1000円の価値も付けることができる。それがお金の面で考えるビジネス。

ビジネスと投資

「投資とは、価値を買うこと」ということを「投資は価値だ!」で書きました。

投資とは、価格の差を狙うのではなく、価格の向こうにある価値を買うこと。価格の差を狙うのは投機。

価値を買うのが投資なら、その価値を生み出すのがビジネスです。

だから、投資をするにはビジネスに強くなければならない。逆に投資を知ればビジネスをよく理解することができます。

まあ、ビジネスも一種の投資という見方もできるんですが。

資本による設備投資とか初期投資を行い、そこから価値を生み出す。

それは、価格を支払って価値を買う投資と非常によく似ています。

不動産投資で既存の物件を買うのではなく、土地だけを買って新たにマンションとかアパートとかビルとかを建てたりする行為は「価値を生み出す」と言える。
価値を買うというよりは、そっちのほうが近いと思います。もちろん「土地を買うことによって、その地域で不動産を建てるという価値を買っている」という見方もできるんですが。深追いするとどっちだかわからなくなりますね。

というか、ビジネスと投資は密接に関係しているということ。

いいビジネスを行うにはいいビジネスがなんなのかを知っていなければならないし、いい投資を行うにはいいビジネスがなんなのかを見極められなければならない。やってることは何となく同じなんですよ。株式トレードやFXみたいな「投機」とは完全に違うものですが。

お金の面でビジネスを見ると、それは投資によく似ています。本物の投資は価値を買うこと。ビジネスは価値を生み出すこと。それは非常によく似ている。

そして、人に焦点を合わせると「ビジネスは人を魅了し、信用させること」。

ビジネスは価値を生み出します。「付加価値」なんて言葉がありますが、そんな感じですね。

僕的には、「人を集めるのがビジネス、価値を買うのが投資」という見方をしています。

企業でも、新たな設備やプロジェクトなどにお金を掛けるのを「投資」と呼ぶので、基本的にビジネスは「人」に焦点を合わせるべきではないかと思っています。

人を集めることによって価値が生まれますが、人を集められなければ価値は生まれない。

なので、ビジネスは「人」。それを忘れないで下さい。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-ビジネスについて

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.