税金と社会保障

消費税増税が可決されましたね

更新日:

72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s

ニュースでは消費税増税が話題になっていますね。

今後は2014年4月に8%、2015年10月に10%と、消費税が増税されるようです。

それにしても、ニュースを見ていると「消費税は政治家の覇権争いの道具」みたいな印象を強く受けます。

財政がどう、経済がどう、国民がどうとかではなく、政治家が実権を握るために利用しているみたいな。
これが本当だとしたら、一体何のために消費税を多く払わされるのかがわからない。

財政再建のための増税だとしたら、その論点でもっと議論
されるべき。
というか、そういうことを抜きにして増税の議論が行われるべきではない。

まあ、会社的に考えるなら「消費税増税によってもたらされる効果」を議論すべきということになりますが、政治の世界はよくわかりません。
なんかビジネスとは全く違った世界のような気がして。

実際にこういう目的を外れた内容でも国民の生活に大きな影響を与えるのだから、政治というのは恐ろしい。
何よりも、多くのことが不透明ですし。

僕は政治についてそんなに詳しくないので、消費税問題を詳しく取り上げた神風カムイさんのブログの記事を紹介しておきます。

「消費税増税」を巡る”政局”一色報道に騙されるべからず ~本質は経団連⇒多国籍企業への還付~ 

僕は僕らしく、お金の面で見た消費税増税について書こうと思います。

消費税増税が国民に与える影響は?

増税の影響にはいろいろあると思いますが、僕たち国民にはどんな影響があるのでしょうか?

まあ、ただ単純に「支出が増える」ことですね。
細かいことを言うと、「モチベーションが下がる」とかいろいろあるかもしれませんが。

今の消費税率は5%。
100円ショップも「105円ショップ」状態です。

これが2014年4月には「108円ショップ」(中途半端!)、2015年10月には「110円ショップ」になるわけです。
2014年には1円玉が活躍しそうですね。

やがては、ほとんどの支出に5%分多く支出が増える!

例えば、年間200万円の消費を行う世帯があったとします。
これが消費税5%だと年間210万円の支出。
消費税10%だと年間220万円の支出。
なんと、現状よりも支出が10万円も増える!
今までと同じ消費をしていてもです。
新しい価値を買っているわけじゃないのに。
月に換算すると月間8千円くらいの支出増ですね。
今までと同じ消費をしていても!

消費税はこれくらい国民に影響を与えます。
いやー、なんか嫌だ。
価値があるものを買うわけじゃないのに・・・。

しかし、いきなり10%にいかずに、まずは8%からいきます。

それはなぜか?
単純に、そっちのほうが馴染みやすいからでしょう。

沸騰したお湯にいきなりカエルを入れても逃げ出すが、カエルを水に入れた状態で水を徐々に沸騰させていくと、カエルは気づかないうちに茹で上がってしまう。
理屈はこんな感じです。
いきなりやるよりも、徐々にやったほうが国民も受け入れてくれやすいんですよ。
例え、それが熱湯であっても。

そんなこんなで、まずは消費税が8%になる前に買い溜め現象が起こるでしょう。
東日本大震災のときほど酷くはないでしょうが。

そして、一旦落ち着き、今度は10%になる前にまた買い溜め現象が起きる。
10%になったらしばらくは消費を控える人も多いでしょうが、そのうち慣れて消費は回復していく。

まあ、シナリオはこんな感じでしょうね。
株式市場を眺めているみたいで面白いわけです。

僕的には買い溜めで無駄なものを買って無駄な支出を増やすよりは、計画的に必要なものをよく考えて買い溜めすることをおすすめします。
無駄なものを買っていては、普通に増税を迎えたほうが支出は少ないかもしれませんから。

増税によって財政は再建されるのか?

ところで、増税は日本にとってプラスなことなんでしょうか?

短期的に見ると、消費が抑制されるとかで経済に悪影響を及ぼすなんて言われています。
それに、経費が増えて経営が苦しくなる事業者もいるでしょうし。

増税をするということは、財源が欲しいということ。
というか、そうであってほしい。
無駄なところにお金を流すためとか、どこかの有力者のためだとかだったらゲンナリです。
それでも日本をいう国は好きですが。
政治家はともかく!

そもそも、消費が抑制されると言われているのに、増税によって税収は増えるのかという問題があります。
税収が増えないなら増税の意味がない。

僕の見解としては、やっぱり税収は増えると思います。

消費が抑制されると言っても、それは一時的なものでしょうし、もっと根本的な問題があります。

それは「国の所得の80%は、20%の国民によって生み出されている」というものです。
正確な数字は知らないのですが、もしかしたら「90対10」くらいかもしれません。

要は、国の所得の大半は国民の10~20%くらいが生み出している。
そういう人たちは所得が多いです。
そういう人たちが一時的に消費を抑制したとしても、低所得者ほどは大きく動かない可能性が高い。

それに、高所得者が今まで通りに消費を行っていれば、低所得者が消費を控えたところで、たいした影響はない。
そう考えると、消費税の増税によって税収は増えるのではないでしょうか?

国民の10%くらいの高額所得者がそのまま消費を行えば税収は増える。
それによって低所得者の生活が苦しくなろうとも、それはただの副産物。

まあ、こんな冷めた考え方もできるわけですが、真実はどうなんでしょうね?

僕は企業の分析はできますが、国となると大きすぎて分析できません。

真実を知りたいのなら、そっち方面に詳しい人に話を聞いたほうがいいかもしれません。
それで何が変わるのかって話になりますが!

国は強いですね。
そして、国民は弱い。
国の決めたことに従うしかないなんて、なんて弱いんでしょう。

これが現実ってやつでしょうか。

消費税増税によって何が起こるのか、ボケーっと眺めていようと思います。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-税金と社会保障

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.