お金を稼ぐ

ネットワークビジネスに学ぶ心理マーケティング

更新日:

8189109fcf9e98b755a6f414a0ccc4c4_s

マーケティングとは、「いかにお客さんを集め、買ってもらうか?」という販売戦略のこと。「こういう広告を打とう」とか「こういう営業マニュアルにしよう」とか「この商品をメインに売り込もう」とか、そういうのを考え、戦略にするのがマーケティング。

マーケティングで重要なのが「いかにお客さんの心を掴むか?」というところ。

いい商品があれば売れるわけじゃない。いいサービスがあれば売れるわけじゃない。

お客さんが「これ欲しい!」と心を動かされて消費は起こるもの。

いい商品は実際に使ってみないとわからないし、いいサービスもお金を払ってからじゃないと受けられないんじゃ、お客さんはお金を払わない。待っているだけじゃお客さんは買ってくれない。

だから、マーケティングは重要になる。ビジネスにおいて「いかにして買ってもらうのか?」 という戦略はとにかく重要。

ネットワークビジネスの不思議な魔力

ネットワークビジネスって知ってますか?ネットワークビジネスは簡単に言えば「会員になって商品などを買い、さらに自分から会員を紹介していけば、紹介して発生した売上のいくらかを報酬としてもらえる」というもの。 こういう流通形態を扱っている会社が無数にあり、そこの会員になって口コミでその会社の商品を広めていくと自分に報酬が入る。まあ、いわゆる「マルチ商法」なんです。

あ、誤解しないでほしいのですが「マルチ商法」は合法らしいです。「ねずみ講」は違法ですが。その違いは商品があるか、ないかというところ。商品がなく、会員を増やしてお金だけが流れていく「ねずみ講」は違法。

まあ、合法なら何をやってもいいというのは間違ってますが。

ネットワークビジネスはその特性上、あからさまに人脈をお金を換えることになります。ゆえに、トラブルも起こりやすい。「嘘を言って会員になってもらい、商品を買ってもらう」こんなことをやっていれば報酬が入る。そして、いつかトラブルになる。嘘をついてこういうことをすると「不実告知」という違法行為になりますが。

僕も以前参加したことがあるのでわかるのですが、ネットワークビジネスは真っ正直にやっている人が本当に少ない。最終的には「これは金取りビジネスだ」と思ってやめました。

「いかにして会員を集めるのか?」という戦略はいろいろあるよう。僕が一番厄介だと思ったのが「いいところしか話さずに、いかにも相手が大きな収入を得られるのかだけを話す」というもの。これ事態が不実告知な気もしますが、僕は法律屋じゃないので追求はしません。

あ、今回の記事はネットワークビジネスの賛否はどうでもいいのでこの辺で本題に。

ネットワークビジネスって、なんとなく怪しいです。世間のイメージ的に。まあ、やっていることも怪しいところは多々あるのですが。

ですが、ネットワークビジネスの会社は人を集め、売上を上げている。 利益が出ないと企業は存続できませんから、そこは確かなようです。

人が集まり、売上が取れるということは、それだけ上手く売れているということ。

そして、そこには必ず人の感情が入っている。

そう、ネットワークビジネスは感情に訴えかけるのが非常に上手い。ここから学べることがあります。

マーケティングで重要なのは、「いかに人の心を動かすか」というもの。いい商品だけじゃ感情は動かない。もう一つとても大事なものを、ネットワークビジネスは教えてくれます。

なぜ売れる?その真実

ネットワークビジネスの多くは、化粧品とかサプリメントとかを売ってます。そして、ビジネスとしての販売形態。

そこから生まれたネットワークビジネスのセールストークはこんな感じです。

「一般に流通している製品は経費毒とかで健康上は本当はよくないんだけど、この会社の製品はいいものを使っているからそんなことはないよ。試しに使ってみない?ね?いい製品でしょ!こんないいのを君に教えてあげたかったんだ!こういうのを使っていると肌がきれいになるよ!」

「このビジネスに参加すれば君はこんな夢のような収入を得て、自由な生活を送れるようになる。製品もいいからみんな買うよ!僕たちも全力でサポートするから、一緒にやろうよ!」

僕の経験上、いろんなパターンがありますが、主に上の二つをもじったものでした。あ、あと「これを飲んでいたら癌が治るんだよ」みたいな怪しい誘いを受けたことも・・・。それって完璧な薬事法違反では?

とまあ、ネットワークビジネスのセールストークはこんなもの。

これで意外とお客さんは増えるんですよね。意外や意外。

ここで大事なポイント。

こんなセールストークでなぜお客さんが集まるのか?

その大事な要素が「あなたに関係がある。これを使うとこうなる」というのを明確(?)に示しているということ。

化粧品なら「他社の製品はだけだけど、ここは最高!これを使えばあなたもきれいになれる!」。ビジネスなら「このビジネスに参加すればあなたも経済的な自由が手に入る!こんなに成功者がいるんだから間違いない!」。

化粧品を売るときは「あなたはこんな駄目な化粧品を使ってきている。」という恐怖感を与え、「これを使えばあなたもきれいになる」という「あなたが」思考を大事にする。そうすれば「あ、私に関係のあることだし、話に興味があるから使ってみようかしら」という感情に訴えることができる。つまり、これは化粧品に興味の無い人には通用しにくいもの。関係がある人に、関係のある話をしてこそ心を動かすことができるんです。

そして、ビジネスとして売り込むとき。

「このビジネスをやれば、あなたもこんな夢のような生活を送ることができる。一緒に頑張ろう」
「あなたはこんな生活を送れる」というのが大事。

それによって、お客さんは「あ、自分にもこんな嫌な生活を抜け出して夢のような生活を送れるようになるのかな」とか思って心が動く。まあ、こういうのは生活を変えたい人にはよく響くようですね。ビジネスの素人には特に。そして、結局は「ビジネスをやるなら、製品を伝えるために自分も使わなきゃ駄目だよ」といって商品を買わせる。これで販売戦略の価値。売上ゲット。

ネットワークビジネスから学べるのは、「感情に訴えかける」「自分に関係があると思わせる」そうすれば人の心を動かし、売ることができるというもの。

しかし、まだ重要なことはあります。それは「プレゼン」です。

話だけでは人の心を動かすのは難しい。

そこで「プレゼン」が力を発揮する。

成功者の話や、経費毒の話、経済危機の話、夢の話もろもろを「背景」として上手く使い、お客さんを更にその気にさせる。

要は、イメージを植えつけるというか。話だけではイメージはつきにくいので、「プレゼン」と合わせて使う。そして、その「劇場型」のマーケティング戦略によってお客さんは心が動く。だから、なんとなく怪しいネットワークビジネスもお客を集めることができる。

心理マーケティングの真髄

いろんな要素を集めて人の感情を動かす。それを売上に繋げる。それが「心理マーケティング」の真髄。

「いかにお客さんの心を動かすのか?」が大事。そのための戦略を考える。

どんなに商品の良さを説明してもお客さんの心は動かない。それが「自分に関係ある!」と思ってもらったときに心が動く。

イメージですよ、イメージ。それを使っている自分をイメージしてもらう。

レストランなら「そこに来ることでどんな思いができるか」をイメージしてもらう。服なら「それを着た自分、今までとは違う自分」をイメージしてもらう。投資なら「それによってお金を増やす自分」をイメージしてもらう。保険なら「それによっての将来の安心感」をイメージしてもらう。

無理矢理売り込むのは戦略とは言えない。それはただの「押し売り」です。

だから、多くの営業は毛嫌いされる。押し売りはうるさいんですよ。自分の話ばっかりするし、聞きたくもない話をするから。

だから、心理マーケティングは強い。

「買ってもらうように説得する」というよりは、「買ってくれるように誘導する」というものですから。

誘導っていうと怪しい感じですが、結局はそんなものだし、怪しくもなんともない。要は、感情に訴えてきてるだけです。そして、感情を動かされて買う。

いい商品やサービスを持っているのなら、どうせなら多くの人に買ってもらいたい。ならば、もっと売る努力をしなくちゃならない。

しかし、多くの企業や人は「押し売り」をやってしまう。それでは嫌われて当たり前。

もっと感情に訴えるようなプレゼン能力や話術やアイテムが必要になるわけです。

ナットワークビジネスのようなところは、一般に広告を打っていないので、会員が「いかに売るか?」というのを考える。だからあんなセールスなんでしょうね。

「どうしたら売れるのか?」というのをしっかり考えていますか?

感情に訴えかける「心理マーケティング」はいろんなところで使えるので、是非学んでみて下さい。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を稼ぐ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.