お金の貯め方

お金を賢く管理する!おすすめの口座の分け方

更新日:

8d77476e59aff7181a8154e2562c53a6_s

銀行口座を一つだけ使うのはよくない。一つの口座で給料、支払い、貯金を管理していたのでは、いくらが何のお金なんだかよくわからなくなります。 だから、口座はある程度は分けて使うべき。

それぞれの用途をハッキリさせる。つまり、用途の数だけ口座が必要。

最低3つの口座は持ちましょう。そうすれば、口座を一つしか持たないときよりも賢くお金を管理することができます。

とにかく、口座を持つ用途をハッキリさせる。用途がハッキリしたら、その分の口座を持つ。足りなかったら、作りましょう。口座を作るのなんてすぐ終わります。

口座の用途ですが、最低はこれくらいは分けましょう。

1、収入が振り込まれる口座と引き落とし用の口座
2、貯金用の口座
3、予算用の口座

収入が振り込まれる口座とカードや銀行引き落とし用の口座は同じでいいです。特に分けるメリットもない。振り込まれた金額から引き落とし分の金額は残したまま、貯金用のお金とその月のお小遣い的なものを抜けばいい。抜き出したお金を貯金用、予算用の口座に入れればいい。

口座を分けるのなら、これくらいはやりましょう。というか、これだけで充分です。

では、それぞれをもう少し詳しく説明しましょう。

収入の口座、支払いの口座

この社会で生きているい以上、何かしらの収入があると思います。しかも、現代はほとんど銀行振り込み。まだ給料を手渡しの会社なんてあるんでしょうか?

ということで、収入用の口座は必要です。まあ、給料を貰っている方はみんな持っているでしょうが。

そして、収入用の口座にもう一つの役割を持たせる。それが引き落とし用の口座です。

収入用と引き落とし用は同じ口座でいい。そのほうが手間も減って便利です。

引き落としは、ローン、家賃、カード、水道光熱費など、いろいろあります。そういう「必ず引き落とさなければならない支出」は、この口座で支払うようにしましょう。そう、一つの口座で。

「このカードはこの口座から、このローンはあっちの口座から・・・」とかいう分散をさせるとめんどくさい。ハッキリ言って、無駄です。こういう引き落とし系は全部一つの口座で行いましょう。

収入から「必ず支払うお金」を引くと、ある程度は自由になるお金が残ります。まあ、すぐには手元を離れないであろうお金ですね。給料が入ったら、引き落とし額分を残して、全額引き出しましょう。

それと、水道光熱費などの「必要な支出」を現金払いにしている方は、ここで引き出したお金でさっさと払いましょう。どうせ払うのだから、後回しにする理由はありません。あるのは言い訳だけです。

こうして引き出したお金、必要なものを払った後のお金を別の2つの口座に分ける。さあ、ここからがポイントです。

貯金用の口座

収入から引き落とし額を引いたお金が次に行くのはここ。貯金用の口座です。

「貯金のコツ」 でも書いたように、貯金をするコツは「天引き」。給料が入ったら、毎月決まった額を貯金用の口座に入れる。給料が入ってすぐに、です。それが貯金のコツ。

というわけで、引き出したお金の一部はここへ直行。自分で決めている金額を貯金用の口座に入れる。それだけです。

貯金用の口座は、とにかく中のお金を動かさないようにする。「今月はやばいから・・・」とかいう悪魔の誘惑に負けてはいけません。

貯金は貯金。安易に引き出すのはやめましょう。

それに、金利とかも気にしない。今はゼロ金利時代です。投資をすれば預金金利なんて簡単に打ち負かせる時代です。

「定期のほうが金利がいい」なんてこと、どうでもいいです。まあ、それは僕の意見なので無視してもらってかまいません。

投資のほうがいい利率で増やせるなんていうのも、投資を極めた人限定です。素人が簡単に儲かるほど投資の世界は甘くありません。むしろ、思い上がった人は損をします。

予算用の口座

一番おすすめしたい口座の使い方はこれです。予算用の口座。

要は、「毎月決まった予算を設けることによって、支出をコントロールしよう。」というもの。

収入から必要な支出の金額を引き、更に貯金用のお金を引いたあとには、比較的自由に使えるお金が残ります。これをどう使うかが大事。無駄遣いばかりしていては、お金に強くはなれません。収入と共に支出が増えるなんて馬鹿げたことはやめましょう。

では、予算用の口座の使い方です。

お金を自分で管理しているなら、毎月自分がどれくらい使うのかがだいたいわかっていると思います。引き落とされる分などの固定支出を除いての金額ですね。

「毎月これくらいかな~」というやつ。これがわかればいいです。

買い物をしたり、遊びに行ったり、旅行に行ったりするときに使うお金。

「毎月何万円」

これを明確に決めてしまいましょう。

それが月々の「予算」です。

そのお金を予算用の口座に入れる。あ、手持ちの現金も必要だと思うので、手元に置いておく分は予算から差し引き、差し引いた分を入金する。このとき、最初に引き出した分のお金がまだ余っているようなら、貯金でもしましょう。

後は簡単。その月はその予算用の口座のお金で生活すればいい。

この予算用の口座、お金の出入りが激しくなりやすいので、「新生銀行」や「住信SBIネット銀行」のようにATM手数料が無料の銀行を使いましょう。これらの銀行だと、セブンイレブンのATMを使えば、24時間無料でお金をおろすことができます。

「地味だけど効果のある節約術」 で書いたように、あまりお金を持ち歩かないほうが不思議と支出も減るんです。なので、財布からお金がなくなってきたら予算用の口座から引き出す。これを繰り返していく。

さあ、こうやって月が終わったとき、予算用の口座にお金が余っていたらどうするのか?そんなときは、そのお金はそのまま口座に入れておく。「予算は毎月いくら」というのを決めているので、次の月はその分のお金を予算用の口座に入れなければいい。浮いたお金は貯金しましょう。そうすれば将来のリスクへの備えもしっかりできていることになります。

必要なお金は先に払い、しっかりと予算を管理する。こういうサイクルができあがれば、お金の管理は上達したと言えるでしょう。

ところで、予算用のお金だけでは生活できなくなったらどうしましょうか?借り入れとかやめてくださいね。金貸しを儲けさせる必要なんてありません。そういう時は仕方ないので、ちょっとだけ貯金を切り崩してください。それが一番の安全策だし、利息とかで無駄に支出も増えない。カードに頼るよりも、そっちのほうがいいと思います。

自分のコントロールを学ぼう

今挙げた口座の使い方以外にも「投資資金用の口座」なんてのも僕は使っています。人それぞれなので、工夫してみてもいいでしょう。

こういうふうにお金を管理できれば、お金の扱いはずっと上手くなります。それこそ、無駄な支出が減りやすい。小手先の節約術よりもずっと効果があります。

そう、これは小手先のテクニックではない。今回紹介したお金の管理方法って、結局は自分をコントロールすることから始まるんですよ。 知ればできるってものでもない。

予算内で生活するのって、慣れてない人には非常に難しいでしょうし、カード使いまくり人間とかでも更に難しい。

自分をいかにコントロールできるのか?それが今回紹介したお金の管理を行う秘訣です。

お金をコントロールすることと、自分をコントロールすることって非常によく似ています。

お金に強くなる訓練だと思って、こういうこともやってみて下さいね。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金の貯め方

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.