家計管理の方法

一日10分あればできる!続けられる上手な家計簿のつけ方

更新日:

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

上手なお金の使い方を身に付けるためにも、家計簿のつけ方をマスターしておくことは大切。自分のお金の使い方を確認することによって、自分のクセを見つけられる。クセを見つけることによって、改善を考えられる。

しかし、いくら「家計簿が大事!」とか「つけ方を工夫しろ!」とか言ったところで、なかなか続けるのは難しいもの。正直、人間の使命感なんて上下が激しいものなので、下がったときには行動に移りにくい。「禁煙は大事!」「お金の管理は大事!」「貯金は大事!」「運動は大事!」と思ったところで、そんなものが続くのは難しい。別にあなたが悪いんじゃない。考え方が問題なんです。

家計簿を続けられない理由として一番多いのが「めんどくさいから」でしょう。

いちいちレシートを広げて、それを仕分けしながら家計簿をつけていく。こんなことをやらなければいけないと思うと、なかなか手が付かない。手が付かないと、やらなくなってしまい、それが習慣になる。

これでは家計簿がつけられません。

では、どうすればいいか?

簡単な話ですが、「やらない習慣」を「やる習慣」に変えればいい。「めんどくさくて」やらないなら、めんどくささを解消し、食事を取るのと同じように「当たり前」にできるようにすればいい。つまり、続けられるように「めんどくさい」部分を省略すればいいんです。続けられる家計簿のつけ方を考えていけばいいんです。

続けられない家計簿のつけ方

「家計簿は大事」と思いながら、あなたが家計簿を続けられない理由はなんでしょうか?まずはそこを何となく明確にしましょう。

「家計簿が大事」と思うばかりに、大事に付けすぎていませんか?「どうせやるなら、何にいくら使ったのか明確にしたい」なんて思い、「野菜はいくら、お菓子はいくら、ティッシュはいくら、レストラン代はいくら、タバコはいくら・・・」なんて、細かく付けすぎていませんか?

「まとめてやったほうが楽」と思って、レシートを何日分も溜めたりしていませんか?まとめてやろうとすると、習慣になりにくい。習慣になったほうが続けられます。それに、まとめてやろうとするとレシートを日付分けするだけで面倒。まとめてやると余計な手間が掛かり、全体の効率は悪くなるんです。「めんどくさい」という理由が増えてしまうんです。

もう一度、あなたの家計簿のつけ方を見直してみてください。「めんどくさい」と思うような箇所が、どこかにありませんか?

家計簿を続ける秘訣は「つけ方をシンプルにすること」。たったそれだけです。

よく考えてみて下さい。「何にお金を使ったか?」をこと細かに書いたところで、それをちゃんと見直し、それによって何かの改善を図りましたか?「ただ書いて満足」というのは、無駄です。シンプルにするために、何の成果の生まない作業は削ってしまいましょう。

それに、細かく書いて続かないよりは、シンプルに書いてずっと続けられるほうがずっとずっといいに決まっています。やれないよりは、やれたほうがいい。そんなの当たり前です。

シンプル・イズ・ザ・ベスト。

無駄な作業で時間を無駄に使うよりも、その時間をもっと有意義に使えばいい。自己満足なんて無駄です。ちゃんと意義のある家計簿のつけ方をしましょう。

シンプルな家計簿のつけ方

家計簿を続けるコツ。まず、できるだけ毎日付けて、間隔を空けないこと。溜め込むと、無駄な作業が増え、結果的に多くの時間が掛かり、効率が悪くなる。それに、毎日つけたほうが習慣化しやすい。なので、家計簿をつけるなら毎日やるようにしましょう。一日10分のあれば余裕です。毎日10分だけ使って「ちょちょい」とやっちゃって下さい。

さあ、次に大事なところ。

「シンプルにする!」

無駄な作業を減らし、シンプルな家計簿のつけ方にすれば効率もよくなるし、「めんどくさい」が減る。そうすれば続けやすくなります。

ということで、そのポイントを紹介。と言っても、一つだけです。

「無駄に細かく仕分けしない!」

ただそれだけ。

家計簿をつけるときって、「食費はいくら、消耗品はいくら、家賃はいくら、ローンはいくら・・・」とか仕分けしますよね?そこをとにかくシンプルにしましょう。

まず、「必要な支出」と「遊びなどのそんなに大事じゃない支出」を意識する。ここが大まかに分かれていれば、大体オッケーです。

必要な支出・・・食費、消耗品、水道高熱、通信費、家賃、ローン、税金、保険、通勤などの交通費

必要じゃない支出・・・遊び代、飲み代、外食代、ギャンブル代、交通費、タバコ、趣味、娯楽、etc

正直なところ、この「必要か、そうじゃないか」がわかっていれば充分です。そのバランスを見て、「あ、こんなに不必要な支出が多い!」とかがわかればそれだけで改善ができます。

大切なのは「無駄がないか?」を知ることです。無駄は無駄。できるだけ削減しましょう。

僕なりの家計簿のつけ方

僕がやっているの分け方はもうちょっとシンプルじゃない。ちょっとだけ紹介します。

僕は主に「食料品」「消耗品」「交通費」「支払い家賃」「水道光熱費」「飲食費」「通信費」という項目しか使いません。あとは全部「雑費」でまとめています。まあ、たまに「医療費」なんてのも出てきますが。

「食料品」「消耗品」「支払い家賃」「水道光熱費」「通信費」は必要な支出なので、右側に「固定費」と書いておきます。「飲食費」「交通費」「雑費」はそんなに必要じゃないので、「その他」としています。「雑費」には飲み代、遊び代、デート代、タバコ代などが含まれるので、近くにその詳細を書いておきます。

こうやって書くと、月ごとにまとめるのが楽。「固定費はいくら、その他はいくら、収入はいくら、損益はいくら」というのが簡単に計算できる。その月締め作業が手間だったりしますが、「固定費」とかでまとめておけばさくっとできてしまいます。

まあ、僕は簿記で使う「仕訳帳 」というのでやっているので、読者様の家計簿とはちょっと仕様が違うかもしれません。

日付と項目と金額が書けるものなら、僕のやり方を試してみてもいいですよ。

とにかく、続けられるようなシンプルさが大事。家計簿に時間を使うくらいなら、本とか読んで自分磨きでもしたほうがいいです。

「野菜はいくら、お菓子はいくら」なんて細かく付けていても、そんなに見直さないでしょうし、改善点も浮かびにくい。野菜とかにそんなにお金を使っていないのに、そこを削減してもたいした意味はない。もっと大きな金額を使ってしまう飲み代とか遊び代とかの「そんなに必要じゃない支出」を減らしたほうが支出は減ります。あとは、無駄な保険はやめるとか。

それに、個人の家計なんて企業ほど細かい支出があるわけじゃないので、そこまで細かく記録しても充分に把握できるでしょう。その中の「必要か、そうじゃないか」が明確なら充分。

家計簿をつけることは大事ですが、細かくやればいいってものでもない。とにかくシンプルな家計簿のつけ方を。続けられることが一番大事ですから。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-家計管理の方法

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.