ビジネスについて

「高いものほど価値がある」は勘違い

更新日:

43f000869cc6b50d6757323bad1f51b0_s

人は価格が高いものほど価値があるという勘違いをしてしまいやすい。1万円の時計よりも、10万円の時計のほうが価値がある。100円のお菓子よりも200円のお菓子のほうが美味しいだろう。そんなことを思ってしまいやすいんです。

しかし、価格が高いというのはあくまでも価格が高いというだけのこと。そこで、「価格が高い=価値が高い」という勘違いをしてしまうのは間違っている。

物の価格には、企業の利益とか経費とかがたくさん上乗せされています。しかも、その上乗せ分を決めるのは企業。企業の実力や方針、ビジネスシステムなどによって上乗せされる金額は大きく違ってくるんです。

なぜ、その辺のお店で買い物をするよりも、通販のほうが安いことが多いのかご存知ですか?それは、通販のほうがビジネスシステム的にシンプルなので、その分経費が掛からない。だから、その辺のお店より安く売っても充分な利益を取れる。通販が安いのはそんな理由です。流通がシンプルですし、人件費とかがお店よりも掛かりませんから。

つまり、価格というのは絶対的なものではないということ。価格は環境などによって変動しやすく、それで価値を測ることは難しいです。

株価だけでは企業の価値を測ることができないのと同じ。株価は変動しやすい不確実な要素なので、企業の価値を見極めるのには役に立ちません。

価格を信用して価値を見極めようとすると、大きな間違いを犯すことがあります。そんなに価値がないものに多くの価格を支払ってしまう、なんてことをしてしまうんですね。10万円のパソコンよりも4万円のパソコンのほうが価値があることもありますし、財布とかいろんなものにもこれは当てはまります。

というか、買い物をするときの価値、それを手にすることの価値って、投資で言う価値とちょっと違うと思います。

投資で言う価値は、割りと明確な数字で表されます。「この企業に投資をする価値はいくらある」とか「この不動産投資を行う価値はいくらある」とか。投資が「お金を増やす」という性質のものであるため、価値を明確な金額で表しやすいんです。

では、消費の場合はどうか?食べ物を買う、服を買う、家を買う、電化製品を買う、レストランに行く、旅行に行くなどの場合、それらの価値は何で表されるでしょうか?

それは「本人にとっての価値」です。これをちゃんと考えれば、無駄な価格の支払いを減らせるのではないでしょうか?

消費の価値と投資の価値の違い

投資の価値は割りと明確な数字で表すことができる。消費の価値は、本人にとっての価値。

消費をするときに考える価値って、ビジネス的な原価の云々とかでもいいんですが、もう少し違う見方をしてみましょう。

消費の価値は、本人がそれを手にすることの価値。

例えば、食事の話。あなたが1000円を使って外食をしたとします。一軒はカレー屋、もう一軒はラーメン屋。払うのは同じ1000円でも、食べるものは違う。このとき、カレー好きの人なら「カレーに1000円を払うこと」のほうが「ラーメンに1000円を払うこと」に価値を感じるでしょうし、逆も同じです。

他にも、「居酒屋で2000円使うよりもカラオケで2000円使ったほうがいい」とか「30万円するロレックスの時計を買うよりも、グッチが好きだから10万円のグッチの時計のほうがいい」とかいろいろあるでしょう。

要は、本人にとって「これを手にするのは価値がある」というのがあれば、そこに価値が生まれるんです。

僕なんかは、30万円のブランド時計よりも、今持っている1万円の時計のほうがずっと価値があると思っています。理由は簡単。「彼女からのプレゼントだから」です。世の中にいくつもあるような高級時計よりも、大切な人からもらった時計のほうが僕にとってはずっとずっと価値が高い。

消費の価値を決めるのは、結局は個人の感情。その人が「これよりも、こっちのほうが価値がある」と思っていれば、それが絶対的な価値になるんです。

一般には理解しがたいものに多くのお金を使う人がいますが、本人にとっては価値があるからそんなにお金を使う。こういうのも別に間違いではないんです。そこに価値があるんですから。

そう考えると、「高いものに価値がある」と思うのもあながち間違っていないようにも思います。世の中には、高級なブランド品を多く持つことが自分のステータスだと感じる方もいます。本人に「それは価値がある」と思っていて、「私は安いものが嫌い」と思っているのなら、それでもいい。

ただ、本当はそう思っていないのに、見栄を張るために高い価格を払うのが間違いということです。見栄を張るために高いものを買っても、本当の満足は得られないでしょう。きっとどこかで「買わなきゃ良かった」とか思っている。そんな感情があるのなら、その選択は間違い。自分にとって本当に価値があるもの、そう感じているものに価格を支払っていないのなら、それは価値を買えていないということ。それが無駄な消費、価格の払いすぎです。

「価格が高いほどいいものだ」というのは、ビジネス的に見ても間違っています。高いものを買うことが好きならそれはそれで価値があると言えますが、そうじゃない人ならそこに価値はない。それを手にすることによって価値を感じないなら、そこに消費の価値はない。感情的な話ですが、消費の価値ってそんなものでしょう。

「いるか、いらないか」「必要か、不必要か」「欲しいか、いらないか」「好きか、嫌いか」

その人の感情や考え方によって、 消費の価値は決まる。だから、消費で注目すべきなのは「価格がいくらか」よりも「自分はそれを手にしたいか?」なんです。
当たり前のことのようですが、そうじゃない。一回、価格を無視してみる。これって重要ですよ。まあ、それで無駄に高いものを買うのはどうかと思いますが。必要なのは「高いものほど価値がある」という間違った認識をなくすこと。

投資の価値は金額、消費の価値は感情で見るんです。

高いものの実態

感情論的になったので、お金の知識っぽいことを。上の話はちょっと忘れて下さい。

価格が高いものに価値があるとは限らない。価格が高いのに原価がとても安かったりすると、価値があるとは言いがたい。 しかし、それには非常に大きな価値があります。

矛盾してますよね。その矛盾の理由は「視点の違い」です。

原価が安いけど価格が高いもの、つまり、利益率が高い商品には、消費者にとっての価値はそんなにない。しかし、売る側である企業などにとっては非常に価値がある。その商品を売ることで、多くの利益を取れるから。そういう商品は、消費者にとっての価値はそんなにないですが、売る側の企業などにとっては非常に価値がある。

価格には企業の利益も含まれています。つまり、価格が高い商品は、企業にとっての「大きな利益を取れる一押し商品」である可能性もあるということ。

価格が高いからといって、消費者にとっての価値があるとは限らない。その理由の一つがこれです。

「高いものだから価値があるんだろう」と思って買ったのに、実はその買い物が企業に大きな利益をもたらしているなんてこともある。自分が払ったお金が、その商品そのものではなく、大半が企業の利益として流れていく。そういう商品も世の中にはたくさんあるんです。

需要が多いものほどこの傾向は強いように思います。需要が高いもの・・・例えば、飲食物、衣服、化粧品とか洗剤とかの消耗品など。こういうのは誰でも買います。僕の知る限り、この業種の企業の利益率は高い。需要が多いから、多少価格に利益を上乗せしても売れるんです。まあ、多少ってレベルじゃない利益率の商品もたくさんあるんですが。

「売る力」は企業が持っている。利益率が高い商品が売れるということは、それだけ企業のビジネスが上手くいっているということなのでしょう。あとは、ただ単に需要が多いか。

需要が多い商品は、消費者にとっては必要なものであることが多い。必要だから、そこに価値がある。価値があるから、高くても買う。

いわゆる「生活必需品」の利益率が高いのも、需要が多いからということにしておきましょうか。その価格で買う人がいるのなら、それはそれでいいんだと思います。

結局は「それを手にすることに価値があるのか?」というところが大事。必要だけど価格が高いと感じるのなら値切ったりして安く買えばいいし、それだけの価格を払ってもいいと思うのなら買えばいい。まずは、価格を気にしすぎる習慣をやめること。そんなことをしていれば、無駄な支出をカットできるかもしれませんよ。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-ビジネスについて

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.