家計管理の方法

目的を持って家計簿を活用する

更新日:

8189109fcf9e98b755a6f414a0ccc4c4_s

家計簿は、ただつけているだけでは意味がない。それこそ、時間の無駄で終わってしまうことだってあるんです。

家計簿をつけている人は結構いるようですが、どれくらいの人が家計簿を活用できているのでしょうか?

家計簿は、「つけて満足」ではいけないもの。収支の記録をつけることは大事ですが、それだけは何も生まれません。 家計簿は、自己満足のためにつけるのではない。

家計簿は、自分の家計を見直すためのツールとして活用するものなんです。

家計簿は、ただのツール。どんなツールを持っていても、それを活用できないと成果を生み出すことはできません。家計簿をつける目的は、「家計を見直すキッカケを作ること」であるべき。

自分の家計が黒字・赤字ということを知っても、それだけでは何の意味もない。確かに、黒字か・赤字かを知るのはとても大事なこと。

「どこにどれくらいの支出をしているのか」を知るのも大事なこと。

ですが、それ自体に意味はない。

「ただやること」に、どんな意味があると言うのでしょうか?何事も、ただやるだけでは意味がない。

家計簿の本当の役割

目的を持って行動すること。これは当たり前だけど、とても大事なこと 。

目的を持って仕事をする、目的を持って旅行に行く、目的を持って貯金をする。目的があるからこそ、何気ない行動、日々の行動に意味が生まれるんです。

家計簿の役割とは、「自分に目的を持たせること」なんです。

収支の記録をするのは、お金の流れをよくするため。知って満足するためではない。

お金の流れをよくする、家計を改善するといっても、何から始めたらいいのかわからない。だから、家計簿が必要になる。

自分の家計の現状を知り、問題点を見つけ、目標を設定する。そして、目標に向かっての行動を考え、実行し、成果を得る。

この一連の流れを作り出すために、家計簿を活用する必要があるんです。

現状を知る、問題点を見つける、目標を設定する、考える、行動する。これは、仕事でも、ビジネスでも、投資でも、勉強でも、何でも当てはまる「成果を生み出すための流れ」。 闇雲に行動すれば成果が生まれるわけではない。

闇雲にやっても成果を得られるときがあるかもしれませんが、欲しい成果があるのなら、そこに行くための道をしっかり探したほうが早く、正確にたどり着ける。何の目的もなしに行動しても、効率が悪い。

目的があるからこそ、仕事のモチベーションも上がる。目的があるからこそ、ビジネスを頑張れる。目的があるからこそ、日々の生活を意欲的に送ることができる。

家計簿をつけるときも、「家計をこう改善したい」という明確な目標を持たなければならない。だからこそ、お金の管理なんてするんです。

ただ家計簿をつけても意味がないというのは、こういうこと。「自分の経済状況をこうしたい」という明確な目標ができてこそ、家計簿をつけることに意味が生まれる。また、その目標を見つけるためにも、家計簿は活用できる。

家計簿はこう活用する

家計簿の活用法は、簡単です。

まずは、現状を知り、目標を立てるために使うこと。

今のどれくらいの収入があり、どれくらいの支出があり、差し引きはいくらなのか?こういう現状を知らないと、問題点も見えない。問題があるなら、それを解決する。

支出が多いなら、無駄な支出を必死に考えて探し、それを削減する。

そういうことをして、「毎月の支出額をいつまでにいくら減らす」などの目標を立てる。大事なのは、目標に期限をつけること。そうしないと、ダラダラして何もできなくなります。

「家計の利益額を、いつまでにいくら上げる」などの目標も考えられます。そういうときも、「今は、毎月の利益額がいくらだから、この月までにいくらに上げたい」というような考え方をします。そうすると、問題点が見える。今の状態で目標に到達できるなら、もう到達しているはず。それができていないのは、どこかに問題点があるから。それを探し出し、解決するんです。そうして、目標に近づいていきましょう。

次に、現在地の確認。

目標を立てても、家計簿はつける。それは、現在地と目標までの距離を知るため。

目標があり、現在地がある。現在地が目標に届いていないなら、それはなぜかを考える。そうして、また問題点を探し、解決する。

何事でも、目標に近づくということは、現在地から目標までの距離を知り、「なぜ届かないのか?」という問題を解決していくこと。家計を改善するときも、当然こういう考え方が必要になります。これを馬鹿にする人は、お金を甘く見ている。お金を甘く見ているから、問題が発生するんです。

目標までの問題を解決していき、目標を達成する。とにかく、自分が納得できる目標までたどり着くように頑張りましょう。

お金の問題が改善すれば、心に余裕ができる。そうすれば、少しはお金から開放された生活を送ることができるようになります。

まあ、それで無駄遣いが増えるようでは意味がないんですが。それを防ぐためにも、家計簿はまた役に立つ。

家計簿をつけることは「苦痛だ」と感じる人もいるでしょう。しかし、やりもしないのに「食わず嫌い」になってはいけない。

しっかりお金と向き合わずに、お金の問題を大きくしていくほうが、後々とても大きな苦痛を生みます。意識していなくても、支出は発生するものだし、家計簿はそれを目に見える形にするだけのもの。

お金をただ稼いで使っているだけでは、経済的に強くはなれない。目標を持ち、目標を達成する行動をする。そして、新しい目標を作っていく。そうしてお金に強くなっていくもの。

努力なしにお金に強くなることはできない。家計簿は、いいトレーニングになるんです。目標を持つということ、問題を見つけるということ、問題を解決する能力を磨くということ。

目的を持って家計簿をつけるということは、ある意味、成果を生む生き方を身に付けるトレーニングでもあるんです。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-家計管理の方法

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.