自分磨きのコツ

文句人間になってはいけない

更新日:

6f54de45e0c5828b5c2fc3b6684b5867_s「こうなったのはあいつが悪い」
「もっと夫がこうだったら」
「もっと彼女がこうだったら」
「もっと景気がよければ」
「会社・職場がもっといいところだったら」
「もっとお金があれば」

こういうセリフは、いろんなところで耳にします。日常的にこんなことを言う人はたくさんいるんですが、これらは簡単に言うと「文句」です。人々は、いろんなものに日々文句をつけているんですね。

あなたは、こういうセリフを聞いてどう思いますか?「ああ、そうだよね」と思いますか?

個人の感想は、自分の置かれている状況によって変わると思います。

「もっと夫がこうだったら」という誰かの意見を聞いたとき、自分の同じように感じていると「そうだよね」となる。自分の夫に満足していたら、「そうなんだー」となる。

ここで問題なのは、「文句が出るか出ないかは、本当に状況で決まることなのか?」ということ。本当に状況が悪いから文句が出るのか?本当の問題は違うところにあるのではないか?そもそも、文句を言うことに生産性はあるのか?文句について考えると、いろんな問題を挙げられるんです。

文句人間の見落としている点

あなたの周りにはいませんか?文句ばかりを言い放つ人。文句ばっかり聞いていると嫌になりますよね。まあ、そういう文句はだいたい聞き流されているような気もしますが。

とにかく、文句を言ときは気を付けなければいけません。無駄に敵を作ってしまうかもしれないし、何より、自分の成長を止めてしまう可能性が非常に高いから。

文句を言うとき、「明らかに相手が悪い」と言える状況だったら、別に言ってもいいでしょう。まあ、こんな状況は意外と稀なんですが。

いろんな人が言っている文句を聞いていると、こんなことを思いませんか?

「自分のことは棚に上げてる」

そう、文句を言うということは、「自分には責任がない。すべてお前が悪い」と言っていることと同じなんです。

しかし、多くの人は自分のことを棚に上げて文句を言います。

「妻がもっとこうだったら」とか「彼氏がもっとこうだったら」とか言うのなら、その人自身には何の問題もないと言うのでしょうか?それはとんでもない勘違い。完璧な人間なんて存在しない。長所があり、欠点があるのが人間なんです。

そして、文句を言うというのは、ただの責任放棄であることが多い。「自分は何も悪くないし、何も変えるつもりはない。だから、あなたが変わるべきだ」と。そんなことを望んで失敗していく人たちを大勢見てきましたが、それでも「相手が悪かった」と言い張るんですよね。そんなことに何の意味もないのに。

「過去と他人と世界は変えられない」

こんな事実があることを、あなたは気付いているでしょうか?当たり前と言えば当たり前。しかし、感情的になった人間は、こんな常識すら忘れてしまう。人間とは悲しい生き物です。

人と世界を変えるもの

他人に責任を押し付け、自分のことは棚に上げて言う文句に、何の生産性もない。文句を言っても何も変わらないし、何も生み出さない。生み出すものがあるとすれば、それは「敵」ですね。

そもそも、人や世の中に「変わってほしい」と思うことに、何の意味もない。当然ながら、他人や世の中は、あなたの意思では変わりません。

本当に他人や世の中を変えたいのなら、それなりの努力がいる。文句を言っても何も変わらない。何かを変えたいのなら、それ相応の努力をしなければならない。

そう、外の要因を変えようとするなら、まずは自分が「影響を与えられる人間」になる必要があるんです。文句を言う人は、「自分は悪くない」と思ってますが、その人も悪いからそんな状況になってることに気付かない。変える努力もしないで、変わることばかりを願う。それでは何も変わらない、生み出せない。

何かを変えるということは、多くのエネルギーが必要です。「変わってほしい」と願うことは、変えるためのエネルギーを使おうとしないこと。エネルギーがなければ、何も変わらない。「自分は悪くない」と思っているから、何もしない。変えるためのエネルギーを出せるのは、その人しかいないのに。

主観的になりすぎると、状況を見誤ってしまうということです。

「変わってほしい」と思うものがあるのなら、「変えたい」と思い直すこと。「変えられるのは自分自身しかない」という自覚を持つこと。そして、変えるための努力をすること。

努力とは、問題の本質を捉え、問題の解決策を必死に考え、解決策を実行していくこと。考えることは、とても大変な作業。だから、多くの人はこれをやらない。

常に「状況を打開するために、自分は何ができるか?」を考えないといけないのに、責任転嫁しかやろうとしない。だから、変わらないし、成果も生まれないんです。

今までのやり方で上手くいかないことがあるのなら、それはやり方が間違っているということ。ならば、上手くいくやり方を必死に考えて実行しなくてはならない。成果が生まれるまでひたすら「考え、実行する」というのを繰り返すんです。

お金のことも、ビジネスのことも、人生のこと全て、自分が行動しなければ何も変わらない。責任が自分にないと思い込むと、そこから抜け出せなくなり、何も変えられない、生み出せない人間になってしまう。それでは生産性がなさすぎる。

こんな言葉があります。

「問題が自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である」

自分以外のものは変えられない。でも、影響を与えることはできる。だから、自分自身が影響を与えるような人間にならなくてはいけない。

状況を嘆く前に、問題の本質を捉え、解決策を必死に考える。「自分に問題がない」と思ってはいけない。

文句では、何も生み出せません。

「自分を変えるための行動」こそが、多くの成果を生み出す鍵なんです。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-自分磨きのコツ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.