お金を稼ぐ

お金と仲良くなるという選択

更新日:

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s

多くの人は人生をお金に支配されている。買い物をするときも、旅行に行くときも、仕事を決めるときも、自然とお金を基準に考えてしまう。

お金が判断基準になり、お金を通してしか物事を考えられなくなってしまっている。しかし、収入の範囲で生活するというのは当たり前のことなので、これは仕方がないこととも言える。

お金が判断基準の大半を占めるということは、人生そのものがお金にコントロールされてしまっているということ。しかも、お金に弱いままだと、一生この状態が続いてしまう可能性が高い。

お金に弱いままだと、将来のための資金まで消費や浪費に使ってしまう。その資金を上手く運用すれば、将来はもっと豊かな生活が待っていたはずなのに、人間はお金の誘惑になかなか勝てない。だからこそ、お金の知識とマネープランというものは大事になる。お金の知識は、多くの人が「知らないだけ」なので、知ってしまえばもっとお金に強くなれる。マネープランは、考え方をちょっと変えれば作れるようになる。

お金に支配されていると、いろんなことが見えなくなってしまう。何事もお金で判断してしまうから、自分より収入が多い人を見ると「あいつのほうが優れているんだ」と心のどこかで思ってしまう。人の価値はお金じゃ測れないのに、お金に支配されているから間違った判断をしてしまう。

これはとても悲しいこと。それによって悲観的になったり、自信を失ってしまっては、ますますお金に支配されてしまう。誰にもそんなことにはなってほしくない。

お金を支配するのか?

では、お金を支配すればいいのでしょうか?多くのお金を稼ぎ出し、「自分がいなければ、こんなにお金は流れない」とでも思えるようになればいいのでしょうか?お金に支配されるのではなく、お金を支配する。お金を「自分の手下」みたいに見て、コントロールしようとする。

これもどうかと思います。こういうのって、結局は勝ち負けゲームになってしまい、精神的な安らぎは得られないでしょう。いつも「勝つか、負けるか」とビクビクしているようでは、幸せな生活など遠い気がします。

確かに、勝負の世界では「勝ち負け」が全てですが、お金は勝負の世界とは言えないんです。お金を多く持っていれば勝ち。お金がなければ負け。お金の世界は、こんな単純な構造にはなっていません。

お金は活用してこそ意味がある。お金の流れを作ることによって、多くのお金を得ることができる。お金は、常に流れていきます。

あなたが買い物をしたら、それが企業の利益になり、その企業の従業員の給料になり、役員の報酬になり、株主への配当になり、国へ収める税金になる。そうして、また誰かがお金を流すと、別の誰かの元へ流れていく。経済は循環しています。流れを止めたら、経済は低迷する。消費が少なくなると、不景気と呼ばれるのと同じ感じです。

つまり、多くのお金を持つことってそんなに意味がないんです。お金の流れを止めてしまえば、そこからは何も生まれない。ゼロ金利の時代においては、銀行に入れておいても、まさに「お金を眠らせている」だけになってしまいます。

お金を多く持つことが勝ちではない。

そう思っている人は、お金の性質を理解していない証拠です。お金を多く持つよりも、お金の流れを作ることのほうがずっと大事なんです。

お金の流れを作るには、お金を活用しないといけない。資金でビジネスを始めたり、企業に出資したり、不動産を買ったり。お金を活用しようとすると、一時的に手元からお金が離れてしまうことがたくさんある。「多く持っていれば勝ち」とか思っていると、お金の活用ができない。お金の活用ができないということは、お金を多く集める仕組みを作ることができない。つまり、お金に執着すると、将来的な大きなお金を逃すことになりかねないんです。

お金と仲良くなろう

お金を「支配する、される」の視点で見てしまうと、大きなものを逃してしまう。それは、ビジネスを見ればわかります。

お金を稼ぐ手段に「ビジネスを持つ、ビジネスを行う」というのがあります。ビジネスとは、人が作り出すもの。その中には、お客さんや営業マン、経営者や株主や債権者、さまざまな人間が関わってきます。

ビジネスは人。人のことをないがしろにしては、ビジネスは成功しない。人を大切にしないビジネスは信用が得られず、大切なリピーターというものを作り出せない。

それだけじゃありません。人を大切にしない、それは、お客さんに限ったことではありません。従業員を大切にしない企業というのは世の中にたくさんありますが、これも多くのものを失っている。従業員は「大切にされていない」と感じると、モチベーションが下がる。従業員のモチベーションが下がるということは、ビジネスの全体の質に悪影響がある。

それに、取引先を大事にしないと、大事な取引を逃してしまうかもしれない。株主を大事にしないと、出資金が集まらないかもしれない。

ビジネスというのは結局は人なので、人を大事にしないといろんなところに悪影響があるんです。

世の中のお金の流れの大半を生み出しているのはビジネス。あなたが働く会社でもビジネスは行われているし、 自分でビジネスを持っている人なら実感しているでしょう。

ビジネスを知らずに、お金を語ることはできない。お金は流れているからこそ意味があるものであり、その流れを生み出しているのはビジネス。

つまり、お金とビジネスは切っても切れない関係にあるということ。

ビジネスが人であるなら、人を無視して「自分だけが勝とう」なんてことが通用するはずもない。

ビジネスは、「勝ち負けのゲーム」ではなく「共存の世界」なんです。与える人もいれば、与えられる人もいる。与えられる人は、与える人にもなる。相互の利益を追求してこそ、本当の利益が得られるというのがビジネスの世界。

お客さんに素晴らしい価値を提供できないのに、お金を得ることは難しい。ここを無視した存在が「金取りビジネス」になっていく。

従業員や株主の利益を無視して、組織の力を最大限に発揮することはできない。「一人勝ち」なんてあってはいけない。

普通よりも多くの収入を得ている人は、それだけ多くの価値を提供しているというだけ。ただ単に「勝っている」とかの話ではない。与えるからこそ、与えられる。
それがお金の世界であり、ビジネスの世界なんです。

つまり、お金は人生のパートナーとも言える。多くの価値を与えることによってお金を得られるなら、それは「誰かからの感謝」という見方もできる。

それは支配されるものでも、支配するものでもない。

相互の利益を追求し、人を大事にし、お金への執着を捨てれば、お金と仲良くなることができる。お金の流れの大きさは、自分が与えた価値への報酬。ならば、お金を稼ぐことに集中するのではなく、価値の提供に集中できるようになる。お金は、「自分が頑張った分への感謝」として見ることができれば、お金の支配からは逃れられる。

価値が全て。お金は感謝。「支配」という概念を外せば、お金と仲良くなれる。お金は、自分の頑張りを認めてくれるパートナーであり、そこに主従関係はない。それで「お金が全て」という判断基準がなくなるほど稼げれば、なかなか幸せなものでしょう。

「支配」という概念を外しても、収入の範囲で生活しなければいけないことに変わりはありません。しかし、「お金を考えすぎない」ということは、とても大切なことです。「お金がない、収入がない」ということを考えると、お金そのものを欲してしまいがちになる。

でも、世の中は大きな価値を提供した人のところにお金の流れが向くような仕組みになっている。

お金を求めるなら、価値を提供しないといけない。でも、お金を目的にすると、価値の提供がおろそかになってしまう。それこそが「お金に支配されている」ということ。

お金に支配されても、お金を支配しても、いいことはそんなにない。人に価値を提供してこそ、お金は集まるもの。お金の呪縛から解き放たれましょう。

そうすることで、「お金と仲良くなる」という選択ができるようになります。「お金、お金」と考えていては、お金とは仲良くなれない。お金を中心に置くことをやめれば、お金はパートナーになり、お金と仲良くなるという道が開けるんです。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を稼ぐ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.