お金を稼ぐ

収入源のリスクを分散する!収入源を増やすための考え方

更新日:

c48167f70325d59fec29348fc35aefc4_s

収入源の代表格と言えば「給料」ですよね。ほとんどの人は、「給料こそ求めるべき収入源」として教わります。というか、給料を得ることのために教育され、企業で働くという選択肢に持っていかされるわけですが。

ビジネスがお金の流れの多くを生み出す今の社会システムでは、「給料のために働く人々」を教育し、育てることが日本としての利益に繋がる。

そういう考え方が公表はされていませんが、現状の教育システムや風習を考えると、結構納得できる部分もあると思います。

日本の経済を動かすような企業に優秀な人材を送り、そこで活躍してもらったほうが国益にも繋がる。無駄に知識を付けられて、優秀な従業員が独立したり、自分の力で稼いで生活されては困る。そういう考え方もできるんです。社会の成り立ちを考えるといろいろと面白い。

そう、僕たちは、「自分の力でお金を稼ぐ」という教育を受けていません。生きているうちにその重要性に気付いて、自分で学んでいく人もいますが、大半は「収入源と言えば給料」という考え方しか持っていない。

そういう考え方を植えつけられ、更に「自分には何かをすることはできない」と思わされている。この社会というのは、社会の上に立つ人々の都合のいいように作られているんです。それは法律であり、システムであり、風習。

そんな中で育てられた僕たちは、可能性を潰されながら育てられてきたと言っても過言ではない。生きていく中で自分の可能性に気付き、その道を極められるような人々は「特殊」と呼ばれる。 正社員じゃないのが怖い、収入がなくなるのが怖い、失敗するのが怖い。だからこそ、何も学ばない、何もやらない。

しかし、その感情や考え方のほとんどが他人によって植え付けられたものだとしたらどうしますか?人は変化を嫌う生き物です。

僕たちが何かをやろうとすると、「お前にはできない、やめておけ」と言われる。しかし、それはその人自身に向けての言葉だというのがほとんど。本当は「オレには何もできないから、お前にも何かをやりとげて欲しくない」と言っているんです。相手に何かを成し遂げられたら、自分が価値のない人間のように感じてしまう。

だからこそ、多くの人は他人の足を引っ張りたがる。その人の可能性は、その人自身が見つけて磨いていくべきものなのに。他人に依存した考え方というのは、自分だけではなく、他人の可能性まで潰してしまうんです。

「お金を稼ぎたい」の中で矛盾する考え方

「お金を稼ぎたい」
だから僕たちは働いたりする。

でも、僕たちは従業員になるために教育され、訓練されている。そんな僕たちは、給料以外の収入源を増やすことを何か誤解しているようだ。

従業員になるために教育されているから、従業員になるために多くの時間を使う。いい学校にいくために多くの時間を勉強に使い、いい会社に入るために多くの時間を就職活動に使う。そして、従業員になれたら、その仕事に人生の時間の多くを捧げる。僕たちは正に、従業員になり、従業員として生きるためのレールを用意され、その上を走るように訓練されている。それが「一般的な生き方」だと教えられている。

しかし、昨今は給料だけではなかなか難しい時代になっている。昔は「夫は働き、妻は専業主婦」みたいなものが当たり前だったけれど、今は共働きが当たり前になりつつある。どちらかが働くだけじゃ家族を養えないような時代に突入してきているわけですね。

そして、年金も危ういポジションになってきている。年金はもはや若者には信用されていないとも言えます。

こんな時代の中、多くの人は「給料以外でも稼ぎたい」と考える。

夢を追いかけて宝くじを買い続ける人もいる。ギャンブルを始めて、ギャンブル業界に食いものにされている人もいる。Wワークを始める人もいる。ネットワークビジネスに夢を見る人もいる。株などを始める人もいる。アフィリエイトを始める人もいる。

今の給料に限界を感じたら、転職を考える人もいます。しかし、多くは「転職したい」と言っているだけで、何の行動も起こさない。「今の給料を失いたくない」という恐怖が、その行動を制限してしまうんでしょう。

ならば、投資やネットワークビジネス、ネットビジネスなどで「今の仕事を続けながらお金を稼いでやろう」と考える人がいる。

でも、給料で生活していると、一週間の大半は寝ているか、その仕事をしていることになります。そうすると、副業をする時間がそんなにないのが現実。

そうすると、矛盾した考え方が生まれるんです。

「お金は稼ぎたいけど、時間がないから楽して稼ぎたい」

そういうおかしな考え方を持ち、自滅していく人が何人いることでしょうか。

そもそも、従業員として頑張って働いている成果が今の給料の金額なわけです。たくさん時間を使って稼げるのがそれなんです。なのに、たいした時間を掛けずに「楽して儲けたい」なんておかしいと思いませんか?

株なら、FXなら楽をできる?投資は「お金を増やす」ことなので、現時点でそれなりの元手がなければ、その威力はとても弱くなる。つまり、まずはお金を稼いでから投資をするべきなんです。

それに、投資は多くの知識と経験がなければ長期的な結果は出せない。一時的に儲かっても、トータルでマイナスなら、やらないほうがずっとよかったことになってしまう。しかし、投資と投機の区別もできない人が多すぎる。その原因はやはり「教育されていないから」が大半です。

ネットワークビジネスというのは、人脈をお金に換えるシステム。これは上手くやればとてもいいビジネスモデルなのかもしれませんが、多くの人はお金に目が眩んでしまい、お金を巻き上げるようなビジネスモデルになっている。ネットワークビジネスは、どんな行動をする組織に属するかで、未来は大きく変わってしまうと思います。ネットワークビジネスは、末端が確実に食いものにされるようなシステムになっているので、個人的にはおすすめしません。

ネットビジネスというのは、アフィリエイトを筆頭に、ネットでやるビジネスです。これも、捉え方によってはいいものなのでしょう。しかし、価値のない情報商材を高値で売りまくっていたり、変な誘導で商品を買わせようとする人がたくさんいて、とてもビジネスと呼びたくないようなものもたくさんある。

そして、こういったものをする人は大抵、「楽して儲かる」という幻想を抱いているということ。

この社会で楽して儲かるものなんかない。投資をやるにも、多くの努力が必要。ネットワークビジネスも、とても多くの努力が必要。アフィリエイトは「手軽にお小遣い稼ぎ」みたいな風潮がありますが、手軽にやっていたらお小遣い程度も稼げない。

仕事をしていれば簡単にわかると思います。

お金を稼ぐには、多くの努力が必要なんです。

アルバイトより時間を掛けないなら、アルバイトよりも稼げない。お金を稼ぐというのは、そういうものなんです。

仕組み作り系のものならなおさら。最初は、アルバイトくらいの時間を掛けても、お金は稼げない。お金を稼げない中でも仕組み作りを進めていき、そのうちだんだんとお金が入るようになってくる。しかし、多くの人は「稼げない」と途中でやめてしまう。「働いたらお金がもらえる」という習慣になれてしまっているから。
仕組みを作るとは、そういうことです。仕組みが動き出すまでは、お金は稼げない。仕組みが動くまでには、多くの努力が必要。しかし、仕組みが動き出せば、お金がどんどん入ってくる。

楽して稼ぐことなんてできないんです。

とにかく、自分の得意分野を見つけて、それに集中すること。会社で働きながら、空いた時間に少しずつやってもいい。とにかく、自分の得意分野で、成果を出すために頑張り続けること。それこそが、収入源を増やすために大事なことだと思います。

アイディアをお金に換える

従業員として働いてお金を稼ぐには限界があります。人の時間は限られていますから。空いた時間にアルバイトをすれば収入は増えるでしょうが、時間的にも体力的にも精神的にも限界はある。プライベートの時間が充実しないと、生きる目的がよくわからなくなることも多い。忙しくお金を稼いでも、人生が滅茶苦茶になってしまうことが多いんです。

しかも、アルバイトなどをしても、結局は給料という収入源を大きくしているだけ。一つの収入源しか持たないのは、実は大きなリスクなんです。

だからこそ、「仕組み作り」という選択肢が重要になってくる。仕組み作りは、成果が表れるのまでに多くの時間と努力が必要です。

それは、僕たちが教えられてきた「働いて給料をもらう」という世界とは全くの別物。それゆえに可能性は大きいけど、リスクや恐怖やイライラを感じることになってしまう。挫折も多いこの分野ですが、世の中の本当のお金持ちは、みんな仕組みを持っています。それはビジネスであり、不動産であったりする。

仕組みが働くから、自分が働かなくてもお金が入ってくる。考えるべきなのは、仕組みの改善と補修・維持。

そして、仕組みはアイディアから生まれるものです。世の中の仕組み化されたビジネスは、アイディアの結晶。お金の流れをv集めるアイディアを生み出した人たちが得ている報酬は、正に桁違いであることが多い。

自分の得意分野を知り、それを活かすため、お金が流れてくる仕組みを作るためにアイディアを考える。仕組みを作るために多くの努力をする。

要は、仕組みのために働くか、仕組みを作るために働くかの違いです。

会社などの「既にできあがった仕組み」のために働くのは、自分のアイディアはそこまで重要視されないことが多い。

自分で仕組みを作るためには、自分や仲間のアイディアが全て。

仕組みを作るためには、考えることが大半の仕事になる。時間をたくさん使って仕組みのために働くのとは、別の世界なんです。だからこそ、仕組みを作るには、考える生き方が重要になる。考えるからこそアイディアが生まれるのであり、それを形にしていくのが仕組み作りというもの。

仕組みを作れば、「複利の力」が働くようになる。複利の力を活用できれば、仕組みのために働くよりも大きな収入を得ることができる。

仕組みを作れば、収入源を増やすことができる。

そのためには、会社で働く以上の気持ちで取り組まなければならない。だからこそ、多くの人は仕組みを作ることができない。

「楽して儲けたい」

そういう考え方は、今ここで捨てて下さい。

自分の可能性を知り、自分の得意分野を活かし、アイディアを生み出し、仕組みを作る。

自分の得意分野を知れば、それぞれの方向性は決まっていくでしょう。

そして、努力を惜しまないこと。 会社で働く以上のモチベーションがないと、収入源を増やすことはとても難しい。

この社会は、楽していては何も成し遂げられないのが現実なんです。

とにかく、考えて下さい。本当に収入源を増やしたいのか、自分の得意分野はなんなのか。それを活かすためには何をすればいいのか。

「何をすればいいのか」

それがわかれば、あとは行動し、結果を分析し、またアイディアを生み出すだけ。

収入源を増やしたいのなら、まずは働き方の違いを知ることから始めるといいのかもしれません。

偉そうなことを言ってますが、僕もまだ仕組み作りの途中なんですけどね。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を稼ぐ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.