お金を稼ぐ

学びのモチベーションを下げないために必要なこと

更新日:

d590b11d5f244302287c36fa6e37762a_s (2) (1)
「お金の知識を知りたい」

そう思って学び始めても、モチベーションが下がってしまうと、学ぶ意欲がなくなってしまい、学ばなくなる。

モチベーションって大切ですよね。

仕事にも、遊びにも、勉強にも、モチベーションは必要。

せっかく「お金の知識は必要だ」と気が付いても、学ばなければ、行動できない。
行動できなかれば、何も変わらない。何も変わらなければ、ずっと今のまま。

お金の知識は、学ぶだけでは意味がない。学び、それを活用する行動をして、変化を起こす。今までとは違う変化を起こすことによって、お金に強くなる。

学びは、始まりです。しかし、闇雲に学んでいるのでは、やる気が出ない。そうすると、何かしらの言い訳を作って、学ぶことすらやらなくなるでしょう。

そうならないため、今の習慣に変化をもたらすために、「目的を持って学ぶ」というのが必要なんです。

目的を持って学ぶ

あなたが「お金の知識を学ぼう」と思ったのはなぜですか?

将来の不安を払拭したいから?
今の生活を何とかしたいから?

何かしらの理由があると思います。ならば、それを忘れないようにしましょう。

学びは、目的がないとモチベーションが上がりません。

学校のテストがいい例です。
「テストでいい点を取りたい」
「赤店を取りたくない」
テストで点を取るための勉強は、その知識を活用することにはならないんです。

いい評価を受けたい→テストでいい点を取りたい→だから勉強する

これでは、本当に「テストで点を取るための学び」になっている。要は、テストで点を取るための勉強以外は必要じゃないってこと。「学んだ知識で何かしよう」というのが目的じゃないんです。だから、テストの勉強というのは、明確に「いい学校に行くために点を取りたい」と思っているような方じゃないとやる気が出ない。

テストに何が出るかは、大まかにしかわからない。そうすると、必要かそうじゃないかわからない状態で、たいした目的もない学びをやらないといけなくなる。

これを考えると、学校の勉強が嫌いだった方でも、お金の知識の学びやすさに影響はないんです。

なぜなら、お金の知識は、目的を持った学びであることがほとんどだから。

お金の知識を学んでも、テストで点を取れたり、いい大学に行けたり、いい会社に入ったりできるわけじゃない。でも、この学びにはやる気が出る。

例えば、「経済的な将来が不安だ」と思っている人がいるとします。

そうすると、「将来が不安だ→お金に強くなりたい→お金の知識を学ぼう」という感じで、学びの目的が明確です。

これと学校のテストとの違いは、「知識を活用しようと思っているかどうか」というところ。

学校のテストのための勉強は、「数学の知識を使って何かを生み出したい」とか「物理の知識を生かして発明をしたい」などの「知識を活用しよう」という目的がないですよね。テストのための勉強は、本質的な学ぶ目的がない。「テストのための勉強」に力を入れられる方だけが、テスト勉強を頑張れるんです。

しかし、お金の知識は、学ぶ目的が明確です。「お金に強くなりたい」という目的自体は曖昧なものですが、お金の知識は実用的なもの。学んでいくと、活用できる知識がたくさん出てきます。

そういうものを活用していき、変化を実感していくと、「もっと学びたい」という意欲が湧いてくる。活用できる知識というのは、学校の勉強と本質的に違うんです。

いい評価を受けるために学ぶわけじゃない。お金の知識をいくら学んでも、なかなか評価してくれる人はいません。

学校の勉強の評価は、「学ぶ→学校が評価する→成績が出る→自分の成績が活かせる」みたいに、間に学校とか先生とかが入って評価するものです。要は、評価が全てなんですね。しかし、お金の知識の評価は、「学ぶ→行動する→変化を実感する→自分のためになる」という感じです。

学校の勉強は、「他人に評価されたい」という目的がありますが、お金の知識は、正に「自分のため」です。

学んだ結果がダイレクトに成果になる。学び、活用したことが、そのまま結果になるんです。

その間に、評価する人間がいるわけじゃない。全ては自分のため。

全てが自分のためだから、自分の目的がダイレクトに影響する。だから、お金の知識を学ぶ目的は明確にしないといけないんです。

あなたが「お金の知識を学ぼう」と思った理由はどこかにあると思います。それを、手帳に書き込んだりして、形に残しておきましょう。迷ったら、それを見直してみて下さい。それが、モチベーションの維持に繋がるでしょう。

自分で学ぶ必要性を知る

学校のテストでは、赤店のラインが決められていたり、日程が決まっていたりするので、半ば強制的に自分を動かすこができます。しかし、お金の知識では、赤店のラインがあるわけでも、明確に「この日までにここまで勉強しなさい」というのがあるわけでもない。

テストのような強制力はないんです。お金の知識は、環境に頼らず、自分自身で学ぶ必要がある。

自分の経済状況が危機的でも、「その危機を脱するためにお金の知識が必要だ」という認識がなければ、強制的に自分を動かすことは難しい。

だから、自分で気付き、自分で行動しないといけない。「ここテストに出ますよ」のような、やさしいアドバイスがあるわけでもない。

自分で気付かないと、「お金の知識」という科目も現れないでしょう。

なぜあなたはお金の知識を学ぶのか?

あなたは、なぜお金の知識を学ぶのでしょうか?

あなたは、きっと、変化を求めています。

「今のままじゃいけない」と気付き、新しい選択肢を求めている。今までとは違う選択肢を見つけることによって、それが変化のキッカケになる。

成長とは、変化することでもあります。

変化するには、行動しないといけない。その新しい行動を生み出すのが、知識なんです。

「経済状況を何とかしたい」
「お金が欲しい」
「将来が不安」

その欲求を満たすのは、変化です。今までのやり方が悪かったから、今の結果になっているんです。既にいいやり方が身に付いているなら、そんなことで困っているはずはないんです。

だから、変化しないといけない。

そのキッカケが、「お金の知識」なんです。

忘れないで下さい。あなたが変化したいことを。それが学ぶ目的になり、モチベーションに繋がります。

今までのやり方、考え方を続けていたのでは、今までと同じ結果しか出ません。周りの環境とか経済が悪いわけじゃないんです。お金に弱い人のやり方や考え方を続けていたから、あなたはお金に弱いんです。

是非、変化して下さい。変化を恐れないで下さい。

「お金に弱い人のやり方・考え方を続ける人」から「お金に強い人のやり方・考え方をする人」に変化することで、きっと、経済状況も変化していくでしょう。

そのためには、時間が掛かります。今までの自分を変えないといけないんですから。

でも、そのキッカケは、「お金の知識を学ぶこと」が与えてくれます。学び、行動することで、結果も出てきます。

人は、いい変化も、悪い変化も嫌います。現状維持が何よりも心地良いんです。

しかし、変化しないと、望むものは手に入りません。

どうか、いい変化をして下さい。そのために学んで下さい。

当ブログも、そのキッカケを提供し続けていきますから。あなたがお金に強くなることを、心から願っています。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を稼ぐ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.