お金の貯め方

外貨預金のメリットとリスク。外貨で貯金するのはどうなの?

更新日:

843f65971922f32952d434548b3738ea_s

外貨預金は、日本円で預金しないで、日本円を外貨に交換して預金してしまおうというものです。

円高と言われる今、高い円を安い外貨に交換しておき、円が安くなったら戻すという考え方もできなくもないですね。

外貨預金には、いいところもあれば、悪いところもあります。外貨を扱う以上、為替リスクを避けることはできません。それに、手数料も国内で円預金をするよりも遥かに高いので、コスト面も考慮する必要もある。「利回りのいいお金の預け先」として外貨預金を選ぶこともあるのでしょうが、そのリスクも充分に知っておきましょう。

なぜ外貨預金を選ぶのか?メリットは?

あなたが外貨預金を選ぶとしたら、その理由は何でしょうか?

「日本の銀行に預けていてもお金が増えない」「もっと効率的な運用先が欲しい」などなどあるでしょうが、要は「利点が欲しい」ということでしょう。

ゼロ金利時代では、銀行にお金を預けていても、本当に眠らせているだけになってしまう。かといって、投資をする気にもならない。だから、なんとなく外貨預金を選んでしまう。そんな感じでしょうか。

気をつけて頂きたいのは、「円の貯金か、外貨預金か」で比べてしまうことです。外貨預金には、為替リスクがあります。為替相場の動きによって、交換した外貨の価格はいつも変動しているんです。

これは、「貯金」という概念で見るよりも、「外貨預金は投資」と見たほうがいいでしょう。お金を貯めるはずの「貯蓄」なのに、外貨預金だとお金が増えたり減ったりする。これはもはや「貯蓄」ではなく「投資」です。「預金」と付くからと言っても、安易に外貨預金をするのは意外と危険なものなんです。それに、外貨預金でも銀行は手数料で儲かりますし。

外貨預金は、レバレッジのないFXみたいなものです。FXは証拠金取引ですが、外貨預金は現物取引。本当にそれだけのこと。

だから、「外貨預金は貯金」ではなく、「外貨預金は投資対象の一つ」くらいに見ておいたほうが、後で無駄に落胆する必要もなくなると思います。

外貨預金の為替リスクを考える

為替リスクというのは、なかなか厄介なものです。投資対象の値動きを考えるときに、「将来を完璧に予測することは絶対にできない」という原則があるので、今後の値動きは正に「運任せ」になってしまいます。

しかし、為替の動きにも一定の法則に近いものもあるようです。これは「こうなったら次はこういう値動きになる」という予言的なものではなく、「この通貨が上がったら、こっちは下がりやすい」のような、相対的な話です。

つまり、外貨預金にもある程度の分散は必要ということ。株式投資で分散は当たり前なのですが、外貨も例外ではありません。 値動きの法則を考え、リスクの少ない分散をすることも考える必要があるんだと思います。

一つの通貨に集中してしまうと、「たまたま高くなったから交換する」ということを意識しないと、為替リスクにやられてしまうでしょう。

外貨預金における値動きと金利について

オーストラリアドルだと、金利が年8%くらいあったりもします。年利8%なんて、かなり高い利率です。これほどの年利を出し続けられる投資家なんてほとんどいないでしょう。

しかし、この金利はそのまま受け取れるわけではありません。8%の金利があっても、8%値下がりしたら何の意味もないからです。

値動きを年利に換算してみると、ただ単に「金利がいいから」という理由で外貨を選ぶのも微妙なところなんです。外貨預金も、本質を見ると投資。利回りが他の投資対象よりも効率的じゃないなら、外貨預金を選ぶ必要もないもの。

8%くらいの金利をそのまま受け取りたいなら、いっそオーストラリアに住んでしまうことです。世の中には、金利の高い国に移住して金利だけで生活している方々も存在していますから。

外貨預金のメリットは?

外貨預金を投資と考えたとき、株式よりも値幅が少なく、通貨によっては金利が高い場合もあるのがメリットと言えるでしょうか。為替は値動きが激しいですが、レバレッジを掛けなけば値幅はそこまで大きくなかったりします。

しかし、為替リスク、手数料の高さ、値動きを予測することは不可能ということを考えると、無理に外貨預金を選ぶ必要もないと思います。

世の中では多くの金融商品が生み出されていますが、「新しければいい」というものでもないんです。大事なのは、「最も利回りのいい運用は何か?」というもの。貯蓄・投資のバランスを考え、最も効率的なお金の扱いをすることです。

輸入、輸出業をしてるなら外貨を扱うことにメリットはある気もしますし、外国の株式を買うときにも外貨を交換することはあるようです。まあ、株式の場合は「アメリカの株式を買うときに、ドルで円を買って為替リスクを抑える」というような扱いなんですが。

いくら経済がグローバル化しているとは言え、海外を視野に入れたビジネスをしていない限りは、外貨に手を出すことにそこまでのメリットはないように思います。選択肢が多いのも困りものなんですが、あなたが理解できて最も得意な運用以外はやらないことが、リスクの小さいお金の運用と言えるでしょう。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金の貯め方

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.