人生 社会の仕組み

就職した会社を辞めたいときにどうするべきなのか

更新日:

67c7774099088531a074c527091fd764_s

「就職した会社とは人生を共にする」

ちょっと前の時代までは、こういう考え方のほうが主流でした。まだ終身雇用制度がそれなりに機能していたので、就職した会社を「人生のパートナー」のように捉えていてもそこまで問題はなかったかもしれません。

しかし、今の時代は終身雇用制度は崩壊してきています。時代が変わり、雇用のグローバル化、経済成長の鈍化などが起こっている。その結果かどうかは知りませんが、転職することも当たり前になってきています。

物を創れば売れた時代は終わり、企業は価格競争を繰り返したり、リストラを繰り返したりしながら、頑張って生き残ろうとしています。そもそも、ビジネスの世界でずっと結果を出し続けるのはかなり難しいこと。これを考えると、「うちの会社が倒産するわけない」という考え方はなかなかできないと思います。

果たして、「就職活動は一回成功したらいい」という考え方は、どこまで通用するんでしょうね。

20歳前後で人生のパートナーを決める?

学生さんの中には、「新卒でいいところに就職しないとまずい」と考えている方もいるよう。これってどうでしょうか?

新卒というと、だいたい20歳前後ということになると思います。まだ社会経験がほとんどない。人生経験も多くはない。そんな状態で、これから40年以上付き合っていくであろう「仕事」というのを固定する必要がどこにあるんでしょうか。

仕事というものを経験していると、相性、適正、好き嫌いなどがだんだん明確になってきます。自分が進みたい道というのは、憧れやランキングなどで決まるのではなく、実際に経験してから分かってくるものだと思います。

社会人になってからでも、勉強をしたり、スキルを高める時間はあるでしょう。それなのに、自分では何もせず、会社の不満や愚痴ばかり言っていて何もしなくなるのはもったいない。

人生は長いんです。そして、たった一度しかないんです。価値観というのも、いろいろなことを経験していくうちに変わってくるもの。まあ、その人の個性というのはなかなか変わらないものだとも思いますが。

「自分にはこの仕事しかない」
「自分には可能性がない」
「この仕事は嫌いだけど続けるしかない」

こういう固定概念に囚われず、あなたの価値観を大事にしてみたことがありますか?固定概念というのは、新たな可能性を追求したり、新しい道へ進むことを妨げるものでもあるんです。

辞めるべきか、続けるべきか

この仕事が好きじゃない、今の仕事に可能性を感じない、会社に不満がある。働いていると、こういう思いを抱くことも珍しくありません。会社に就職するということは、他人が作ったビジネスシステムの一部となって働くということです。他人が作ったものだから、あなたに合わないものがあっても不思議ではありません。

「合わない」「辞めたい」「転職したい」「もっと自分を評価してくれる会社がいい」「もっと環境のいいところで働きたい」

今の会社に不満を持ちながら働いている方も多いですが、今の仕事が好きで働いている方もいます。今の仕事が好きで、待遇や環境にも不満がない。そういう方は結構珍しい気もします。

「不満がない」というのは、なかなか難しい問題。仕事にはお金が関わります。人間の欲は底なしとも言えるので、完璧に不満がないという方はなかなかいないかもしれませんね。そういう方は、「給料がなくても今の仕事を続けたい」くらいの気持ちを持っているかもしれないです。

「今の仕事を辞めたい」という言葉の中には、様々な思いが詰まっているでしょう。待遇が不満なのか、環境が嫌なのか、将来性を感じないのか、その仕事が合わないのか。「辞めたい」と思う要因は多種多様でしょう。

不満があるとき、辞めるかどうかというのはなかなか難しい問題です。「今の仕事を続けていても将来性を感じない」と言っても、その方の努力が足りないからかもしれない。もしくは、そのビジネスそのものに将来性がないのかもしれない。前者ならまだ続ける余地はありますが、後者は微妙なところですよね。

環境や待遇に不満があっても、転職先が自分の希望に合った会社かどうかはわからないし、会社の将来性を正確に分析できるほどの方なんてなかなかいないでしょう。

転職すればいいのかというと、そうじゃないかもしれないし、そうかもしれない。働き、ビジネスと関わっている以上は、リスクというものは避けられません。今の仕事を続けることにもリスクはあるし、転職するにもリスクはある。だから、「転職することもリスク」だけを考えるのではなく、「今の仕事を続けた場合のリスク」というのも考え、進みたい道を決めるのべきだと思います。

「辞めるか、続けるか」は非常に難しい問題ではありますが、もう一度「人生は一度しかない」「リスクがないものなんてない」というのを考えて、あなたが一番望む方向を探すのがいいでしょう。不満ばかり言ってないで、しっかり考え、そして何かしらの行動をするべきです。続けるのも、辞めるのも、結局はあなた次第な部分が多いんです。

あなたは何がしたいのか

やりたいことが見つかっているなら、その道で働くために努力するべきだと思います。嫌いな仕事を続けるくらいなら、仕事をしながら努力し、好きな仕事をするためのスキルや知識などを身に付ければいいでしょう。

あなたが価値を見出せるもの。これを大事にしましょう。

今の仕事で、あなたの強みを活かせたり、やりたい仕事ができたりするなら、今の会社は最高のパートナーかもしれません。そうじゃないなら、今の会社はパートナーとしては不適切かもしれない。

いろいろな経験をしているうちに、自分の強みを知っていくものです。そして、「自分の強みを活かしたい」と思うなら、そういう仕事を求めてもいい。

仕事に安定を求めるのもいいですが、人生の大半を仕事に費やす方も多いでしょうから、もっと別の視点で仕事を見てみてもいいんじゃないでしょうか。こうするしかない、これしかない。そんな固定概念を持ち、何の行動もしないことは非常にもったいない。

強みを活かせる仕事のほうがやりがいを感じるかもしれないし、好きなことの中に強みがあるかもしれない。

就職するとき、就職したあとでも、固定概念というのは持たずに、視野を広く持ってみましょう。そうすることで、あなたらしい生き方、働き方を実現することができるかもしれません。一つの会社、一つの働き方、一つの考え方に縛られる必要なんかどこにもない。見ず知らずの誰かが作った常識というものに支配される必要もない。

「あなたが何を考え、どう行動するのか」

あなたの未来を決めるのは、結局はこういうところだと思います。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-人生, 社会の仕組み

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.