お金を稼ぐ

常識を作り出してお金を稼ぐ方法もあるという話

更新日:

bb11effa3d214c262d7cd0073cdeb9bc_s

常識というのは多くの場合、「絶対に守らないといけないもの」ではなく、「周りの人たちが常識だと思い込んでいるから、守らないと浮いてしまうもの」ですよね。常識は、本当は常識じゃない。でも、人が「こうじゃなきゃいけない」と思い込んでいるから、大きな力を持つ存在になっている。

なぜビジネスマンはスーツを着ないといけないのか、なぜ結婚式でご祝儀を払わないといけないのか、なぜ電話を持っていないといけないのか、なぜ自分の家を持つことがステータスなのか。

常識というのは、少し考えてみると、「どうでもいいじゃない?」なんて言いたくなるようなものもあるし、納得できるようなものもある。 考えてみると、常識を作り出すことによってお金を稼ぐことも可能。しかも、その金額は計り知れないものになりやすい。

世の中をいろんな視点で観察してみると、多くのノウハウを学べるものです。

非常識が常識になるとき

非常識が常識になっていく過程は、なかなか把握できません。何年か前までは「え、何それ?」と思われていたような携帯電話も、今では「え、持ってないの?」なんて言われる存在になりましたね。正に、非常識が常識になっていったわけです。

周りの人たちから浮きたくない、変わり者だと思われたくない。こういうのは、日本人特有の性質なんでしょうか?クラスのみんなが持っているものを持っていないと、「僕も欲しい」と親にせがむ。あなたにもこういう経験はないでしょうか?

電話やFAX、FacebookのようなSNSも、「みんな持っているから」という理由で持ち始めた人も多いでしょう。電話やFAXなんかだと、ビジネスの場で非常に役立つ。周りが持っているのに、うちだけ持っていないのは不便だ。そういう意識が広がっていくと、電話やFAXはどんどん売れていった。まあ、「みんな持っている」というところまで普及させた企業は凄いですよね。

非常識だったものも、常識になってしまえば莫大なお金を生み出すビジネスになる。テレビ、パソコン、根本的なものから言うと、電気やガス、水道まで。常識になれば、無理して売り込む必要もなくなってくる。誰もが「持つのは常識だ」と思ってしまえば、お客さんのほうからどんどん買いに来る。常識の持つ威力は凄いものです。

しかし、常識になるとコモディティ化(どこで買っても同じ感じ)しやすい。携帯電話も、少しの違いはあるにしろ、どこのキャリアの機種を買おうとそこまで大きな違いはない。コモディティ化すると、低価格競争に走りやすくなり、「参入すれば儲かるビジネス」ではなくなってくる。

でも、コモディティ化しないケースもありますよね。電気なんかがいい例です。電気というのは、地方によって会社が違いますが、本質的には全てを一つの企業が独占している。競争する必要もない。低価格競争の意味もない。電力会社が強気で値上げに踏み切れるのも、圧倒的な独占力があるからでしょう。

電気というのも、ずっと昔は常識じゃなかった。それなのに、電気が流れていることが常識になったことで、莫大なお金を生み出すビジネスに変貌していった。

常識というのは、もともとは非常識です。その非常識を常識に変えることができれば、大きな可能性を手に入れることだって可能なんでしょう。

なぜそれが常識になるのか

僕は、ネクタイが嫌いです。首を絞められる感覚が嫌いだし、肩がこるから。なのに、スーツを着てネクタイをしていないと、「だらしないヤツだ」と思われてしまう。大阪の橋下市長なんかも、ネクタイをしないことで叩かれていましたね。

なぜネクタイをすることが常識なんでしょうか?別に、法律で決められているわけじゃない。ネクタイをしないことで罰金を払わされたり、逮捕されたりしない。しかし、多くの人は「それが常識だ」なんて思っている。常識なんて、本当は上辺だけのものなんですね。

なぜ葬式で礼服を着ないといけないのか?なぜネクタイの色、靴下の色、靴の色や種類まで決められているのか?それが常識になるのはなぜなのか?

こういうのを考えてみると面白い。だいたい、ずっと昔は日本人は洋服なんて着ていなかった。それなのに、「葬式のときは礼服」が常識になっている。

もしかしたら、権威のある誰かが「これは常識ですよ」なんて言えば、「あ、揃えなきゃ」と多くの人が買いに走り、それを見た他の人も「あ、買わなきゃ」と買いに走り、やがて常識になっていくのかもしれない。ファッション界で「今の流行はこれです」と言われれば、多くの人が「流行に遅れたくない」という心理のもとに買いに走る現象に似ているかもしれない。

何にせよ、常識の名の下にお金が動き、それで儲けている人たちがいるのも事実です。

ネクタイが常識じゃなかったら、ネクタイはここまで売れていないでしょう。スーツが常識じゃなかったら、スーツ業界はここまで大きくならなかったでしょう。電気以外の効率のいいエネルギーがあったら、電力会社はここまでの地位を手に入れなかったかもしれません。結婚式にご祝儀制度を作らなかったら、ブライダル業界はここまで高い利益率を手に入れられなかったかもしれません。

正に、常識がマーケティング手法とも言えますね。その力は、もしかしたら口コミよりも圧倒的で、広告なんか無視できるほどのものかもしれません。

世の中をいろいろな視点で眺めてみる

このように、「なぜ?なぜ?」という視点で世の中を眺めていると、「こんな稼ぎ方があるんだ」という発見もできると思います。

お金を稼ぐための選択肢はたくさんありますが、その選択肢を増やしておくことで、新たな可能性を発見できるかもしれない。とは言っても、実際に常識を作り出すのは難しいんですが。

「分別のある人間は、自分を世界に合わせようとする。分別のない人間は、世界を自分に合わせようとする。つまり、この世界は分別のない人間によって作られたということだ」

こんな言葉があるように、常識を打ち壊し、新たな常識を作り出すような人は、世の中を変える力を持ち、圧倒的な地位を手にすることができる。

まあ、あくまでも可能性の話です。常識に従うことによるメリットもあるし、常識に従わないことによるメリットもある。

何事も、「これが全てだ」なんて決め付けないで、「これでもいいんじゃないか?」という視点を持ち、新たな可能性を探っていくことで、変化し、成長していけるものだと思います。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を稼ぐ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.