お金を借りる お金を稼ぐ

賢い借入れの仕方の話

更新日:

02b0bc6795ac199bc070e59ae6f06e7a_s

どうしてもお金がない。それなのに、払わなければいけないお金がある。でも、頼れる人がいない。

そういうときは、「お金を借りる」という選択肢も必要なのかもしれません。お金を借りるのは悪いことかもしれない。お金を借りると、クセになってしまうかもしれない。確かに、そういう部分もあるでしょう。

だからこそ、「収入と支出のバランスを大切に」なんて言われるんです。収入の範囲内で生活ができないなら、収入を増やすか、支出を減らさないといけない。遊びすぎて毎月お金がなくなり、それで借金をするのはよくないでしょう。

しかし、そうじゃないときはお金を借りることもプランの一つとして考えてみてもいいかもしれません。支出はギリギリまで削った。それなのに、赤字から抜け出せない。しかも、お金がない。そんなときは、お金を借りて生活をし、その間に本気で収入を増やす。こういうことをしないといけないときもあるかもしれません。

ですが、「本当に必要なときにお金は借りられない」と言われるように、そう都合よくいかない場合もあるんです。

お金は借りたいときに借りられない

お金を貸す側としては、返済能力のある人や企業に貸したいもの。貸し倒れなんかを起こしたら損失に繋がりますから。

ですが、お金がある人はなかなかお金を借りようとしないもの。融資を受けて、設備投資を行う。それによってレバレッジの効いたビジネスを行う。そういう戦略的なお金の借り方もあります。

そうではなくて、会社の存続が危うい、個人の生活が危うい。そんな人たちがお金を借りたいとき、貸す側はどう見るか。

支払うべきものが支払えない。存続が危うい。生活が危うい。そんなことは、融資の際の審査でわかってしまいます。そうすると、貸す側としては、そういう会社や人を「返済能力がない」と判断し、なかなかお金を貸そうとしない。

お金を貸すなら、財務状態が安定していて、きちんと返済してくれそうな人のほうがいい。なのに、借りたい人は「お金がないから」という理由で借りにくることケースがある。だからこそ、「お金を借りたいときにはなかなか借りられない」なんて言われるんでしょう。

借入れ枠はお金があるときのほうが作りやすい

借入れ枠を用意しておく。これも一つの戦略でしょう。

お金に詰まったときに焦って資金調達をするくらいなら、お金があるときに借入れ枠を用意しておく。借入れ枠があれば、お金がなくなったときの一時しのぎの手段として使えます。

借りたお金はしっかり返さないといけない。こんなのは当たり前なので、借りるときにはその先の返済計画も考える必要があります。いくら借りたら毎月の返済額はどうなるのか、それを払い、なおかつ生活していくにはどれくらいの収入が必要なのか。返済計画は、紙に数字を書きながら考えるといいでしょう。頭の中でごちゃごちゃ考えるよりも、視覚的に判断できるようにするんです。

クレジットカードのキャッシング枠を作っておいたり、銀行系のカードローンのカードを発行しておいたりして、借入れ枠を設けておく。こういうのを毛嫌いする気持ちはわかりますが、万が一のための手段として用意しておくのもいいと思います。

お金を借りたいとき、焦って借入れ枠を作るのか、あらかじめ用意しておいた借入れ枠を使うのか。あらゆることに備えておくというのも、リスクをコントロールする一つの手法です。何が悪いのか、何がいいのかは、状況によって変わるものだと言えるでしょう。

何にせよ、借入れ枠を作るのはお金があるときのほうがいいものなんです。

計画なしにお金を借りるのはやめよう

お金がない。でも、借入れ枠もない。そういうときは、即日で融資可能な「ノーローン」のようなところもあるので、利用してみてもいいでしょう。「急な出費で給料日までもたない」程度のことなら、「ノーローン」では一週間無利息なので、給料日までのつなぎができます。

また、利息は8日目から発生するので、同じ借りるにしても断然お得です。しかも、何度借りても一週間無利息が適用されるようです。

現状お金に困っていなくても、今後が不安な方はカードを作っておいて、生活費が足らないときに利用できるようにしておくのも一つの方法かもしれません。

また、給料だけで足りないなら、Wワークが必要なのかもしれない。その傍ら、収入を増やすために努力する必要もある。支出を削減するだけで何とかなる場合もあるので、諦めないで考えてみる。人は、固定概念を持っているものです。「こうじゃなきゃいけない」と思い込んでいたけど、実はそうじゃなくてもいいかもしれない。そのせいで無駄な出費を減らせない人も結構いるものです。

「お金がない」というのは、なかなか深刻な問題。そういうとき、お金を借りるのも悪くはない。悪いのは、何の計画もなしにお金を借りて、借金まみれになっていくことです。そうならないために、収入と支出のバランスを短期的、長期的に見る必要があるでしょう。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を借りる, お金を稼ぐ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.