お金を稼ぐ 社会の仕組み

就職や転職が失敗する可能性は否めないという話

更新日:

358df645614f91c7c55dcea7138f660c_s

「いい会社に就職すれば将来が安定する」
「転職に成功すれば生活がもっとよくなる」

これは、正しい考え方とも言えるでしょう。

しかし、確実な話ではありません。

リスクのないものなんてほとんどないわけですから、何事にも「失敗する可能性」というものは存在するもの。

買い物を失敗することもあれば、好きな異性に告白して失敗することもあるし、料理を失敗することもある。普段何気なくやっている「歩く」という行動の中でも、たまに失敗してつまずくことだってある。

「いい会社だ」と思って就職したのに、あなたにとっては「いい会社」じゃない場合もあるし、転職だって同じこと。慣れてることでも、たまには失敗する。まして、あまり回数をこなさないであろう就職や転職なんて、いつも上手くいくとは限らない。

就職や転職に失敗したとき、これから就職や転職をしようというときには、「失敗もあって当たり前」と思えるほどの心構えが必要になってくるんでしょう。

失敗は仕方のないこと

多くの人は、「起業や投資にはリスクがあるから危険だ」と思っています。それなのに、「就職することは安全だ」なんて思っている。

起業や投資にはリスクがあります。損失を出すかもしれないし、借金を背負うことになるかもしれない。

そして、就職や転職にもリスクはあるんです。選んだ会社があなたに合わないことなんて別に珍しくもないし、仕事が肌に合わないかもしれない。会社が倒産することだってあるし、リストラや病気、怪我などの可能性も否めない。

「いい会社に就職すれば将来は安定する」なんて偏った考え方を教え込まれているせいなのか、多くの人、特に若い人は「就職すれば安全だ」なんて思う込んでいるよう。

しかし、現実はそんなに甘くないし、高度経済成長期のように、会社と人生を共にすれば安定した生活を送れる時代ではなくなってきているのが現状のようです。

運が悪いのか、選択を間違ったのか、実力が足りないのか。原因は何にせよ、就職や転職がいつも上手くいくとは限らない。なぜなら、リスクがあるから。

だからこそ、一度や二度失敗したくらいで、これ以上ないほど落ち込む必要もないんです。

それでも失敗は嫌なもの

とは言っても、できれば失敗はしたくないですよね。

仕事は上手くいき、人間関係も上手くいく。投資も失敗なんてしないし、どんなビジネスをやっても必ず成功する。

何事も上手くいけば、もっといい人生を送れるのかもしれません。でも、現実はそうはいかない。

仕事で絶対に失敗しないのは難しい。人間関係がいつも良好というわけにもいかない。

失敗すると落ち込みますよね。

「ああしておけばよかったんだ」「あいつが悪いんだ」「なんであんなことを言ってしまったんだ」「どうしてこうなるんだ」「こんなはずじゃなかった」

失敗は嫌なものだから、多くの人はまず言い訳を考えます。自分は悪くない。失敗なんか認めたくない。

失敗すると、自分の価値が大きく下がるような気がしてしまう。とてつもない無力感を感じてしまう。だからこそ、多くの人は失敗を嫌うし、失敗をなるべく認めない道を探そうとする。

それでも、「失敗した」という現実は変わらない。どんな言い訳をしようと、誰に責任転嫁しようと、「失敗した」という現実を変えることはできない。

失敗は嫌なものですが、できるだけ認めてあげましょう。失敗してもいいんです。だって、リスクのないものなんか滅多にないんですから。

失敗に免疫をつける

誰だって失敗します。人間なんですから。機械じゃないんですから。その機械だって、たまにエラーを起こして変なことをするときもあります。

失敗は仕方のないことです。だからこそ、失敗に免疫をつけておくのも大事だと思います。

「失敗は仕方のないこと」

だからと言って、わざと失敗してもいいってわけではないでしょう。

正しいと思って行動していても、失敗することはある。だったら、失敗を認める努力をし、「なぜ失敗したか?」を考える。言い訳や責任転嫁ばかりでは、失敗から学び、それによって行動の改善やシステムの見直しをするといった大切なプロセスにたどり着けなくなってしまいます。

学校の授業やテストなんかでは、失敗するとバツをつけられてしまうでしょう。その感覚が残っているせいか、失敗を嫌うという習慣はなかなか抜けない。

社会というステージは、学校の授業やテストとは違います。失敗しないことも大事ですが、失敗から学んでいくことはもっと大事。

「失敗は経験」くらいに思って、そこから行動していけばいい。失敗は恐いけど、失敗はあなたを成長させてくれるもの。

そう考えていれば、失敗を恐がる必要もなくなってくるかもしれません。

それに、人は忘れやすいし、自分のことしか考えていない人も多い。あなたの失敗なんて、あなたは強く覚えているのに、他人はすぐに忘れてしまう。そういうものじゃないでしょうか?

だって、多くの人は自分のことしか考えていないんですから。

就職や転職の失敗と向き合う

就職や転職なんて、ギャンブルみたいなものです。

その会社に行く前に、ある程度は会社のことを知ることはできる。でも、知ることと実際に働くことは全く違っても仕方がない。

「いい会社だ」と思っても、そうじゃないことなんて珍しくない。仕事はよくても、職場の人間関係が肌に合わないこともある。

働く前に全てを知ることはできないので、就職や転職は半ばギャンブルみたいなものなんです。百聞は一見にしかず。本当に成功かどうかは、実際に働いてみないとわからない。

「失敗だ」と本気で思うなら、その会社はさっさと辞めたほうがいいかもしれない。失敗を認めないでいると、次のチャンスを逃し続けることになるかもしれない。

ここの難しい点は、「頑張りが足りないのか、本当に合っていないのか」というのを見極めにくいところです。

「失敗だ」と思っても、まだ成功にたどり着くだけの努力をできていないのかもしれないし、本当に失敗なのかもしれない。

それでも大事なのは、「ここで失敗したら全て終わり」なんて思わないことだと思います。

会社なんて腐るほど存在しているし、多くの会社が生まれ、消えていっている。その中で、あなたが活躍できる会社がたった一つしかないと考えるのはもったないじゃないですか。

頑張ってみてもダメなら、次の可能性を試してみるときなのかもしれない。

選択肢は一つじゃないんですから、「ここでダメなら全てダメ」なんていうのはおかしいと思いませんか?

一度の就職がダメだったからと言って、「お先真っ暗」なんて、もったいないと思いませんか?

まとめ

就職や転職が失敗することもあるでしょう。

失敗は失敗。そこでそのまま頑張ろうとするのもいいし、失敗を認めて次に進むのもいい。

失敗は恐いけど、失敗は恐くない。失敗はあなたを成長させてくれるチャンスであり、次へのステップでもある。

人生は長いんですから、失敗することだってあります。大切なのは、そこで立ち止まらないこと。しっかり前を見て、進んでいくこと。

本当に恐いのは、失敗を恐れて何もしなくなり、本当に何もできなくなることじゃないでしょうか?

失敗を恐れて何もしないから、失敗から得られる成長の機会を逃してしまう。その結果、失敗に対処できなくなり、何もできないことによって生まれるリスクを背負うことになってしまう。

失敗を避けるよりも、正面から向き合う。その姿勢こそが、失敗から学び、失敗を減らしていくことへの近道なんだと思います。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を稼ぐ, 社会の仕組み

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.