家計管理の方法

【家計】やりくり上手になるためのお金の管理方法

更新日:

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s家計のやりくりが上手にできない。ついついお金を使いすぎてしまう。ときには貯金にまで手を出してしまう。そんな悩みを抱えていませんか?

家計のやりくりを上手に行うためには、「予算を作り、予算を守る」ということが大事になってきます。

決められた予算の中でやりくりできれば、闇雲な節約をやめることができるし、貯金もできる。予算の中で上手にお金を管理できるようになれば、将来の経済設計もやりやすくなる。

そこで、「やりくり上手になるためのお金の管理方法」を紹介していきます。実践していないことがあれば、一ヶ月だけでもいいので、試してみることをおすすめします。

1、予算を決める

まずは、予算を決めましょう。ここで言う「予算」とは、水道光熱費や家賃などの引き落とされるお金の予算ではなく、食費や消耗品費、娯楽費などのように、その月によって大きく変動するようなお金のこと。「請求が来るもの以外の支出」とでも言えば分かりやすいでしょうか。

予算をあなたに合ったものに設定できるかどうかで、家計のやりくりのしやすさが変わってくるもの。ポイントは、以下の2つです。

その金額で無理なく生活できること
その金額を使い切っても貯金ができること

予算の金額は、無理なく生活できる金額まで引き上げてもいいでしょう。無理な節約生活を送らないとやりくりできないような金額を設定してしまうと、その予算を守れない可能性が高い。強いストレスを感じてしまう節約生活を続けることは並大抵のことではないでしょう。

そして、予算を使い切ってもしっかり貯金できることも大切です。最初から「予算はいくら、貯金はいくら」と決まっていて、それを守ることができれば、成り行きではなく、計画的に貯金できるようになるものです。

2、予算をプールする場所を作る

「これは今月の予算」と決めたお金は、予算専用の場所にプールし、そこから取り出して使っていくようにしましょう。

参考までに、予算をプールする場所の例を3つ紹介しておきます。

予算専用の銀行口座
予算を入れておく封筒
予算を入れておく財布

月の始めなどに予算を決めたら、その金額はこれらの場所を使ってプールする。銀行口座を使うなら、「新生銀行」や「住信SBIネット銀行」のように、ATM手数料が掛からない銀行を選ぶといいでしょう。

基本的には、銀行口座をおすすめします。封筒や財布は手軽でいいですが、家のどこかにお金が存在することになるので、誘惑に負ける可能性が高い。お金の誘惑は、毎日存在するものなんですから。

3、実際にその予算で一ヶ月生活する

あとは、銀行でも封筒でも財布でも同じ。その中のお金だけで一ヶ月生活するだけ。

月の3分の1が経過したところで、3分の2以上のお金が残っていれば上出来。月の半分が経過したところで、半分のお金が残っていれば上出来。このように、「あとどれくらいの金額を使えるのか?」が明確になることで、お金を使う意識、節約の意識を明確にすることができます。

これのポイントは、プールした場所から少しずつお金を取り出すことです。その月の予算を全部持ち歩くのは、なかなかおすすめできることではありません。

適切な予算設定ができていれば、闇雲な節約をする必要がなくなる。あなたの生活スタイルに合わせて、娯楽を楽しむ余裕もでき、ストレスを掛けすぎない生活をすることも可能になるんです。

ここで問題なのが、クレジットカードです。通販のように、現金ではなく、クレジットカードで支払いたいときがあると思います。ただ、クレジットカードを使ってしまうと、翌月以降の予算が崩れてしまうかもしれない。そうすると、予算を守ることが難しくなるかもしれません。

しかし、その改善方法は簡単です。クレジットカードを使ったら、予算のプール場所から、カードの引き落とし口座にお金を移動すればいいんです。そうすれば、カードを現金のように扱うことができ、安定した予算運用も可能になる。借金してまで欲しい物を買わなくなるなどのメリットがあるんです。

4、反省と改善

この方法をやっていくと、「この予算設定では足りないな」や「予算が余りすぎて、浪費が増えるな」などの問題点が見つかると思います。

問題点が見つかったら、反省し、改善するようにしましょう。実行し、反省し、改善する。このプロセスを繰り返すことで、あなたにとって最適な予算設定が見えてくる。しかも、そのプロセス自体がお金のトレーニングにもなり、家計のやりくり上手への道を進むことができるようになってくるものです。

もし、どんな予算設定をしても生活が苦しい、どうしても貯金ができないなどの問題があるなら、それは「やりくり」の問題じゃないのかもしれません。ここに甘えが入り、遊びすぎているのに「貯金できない」などと言うようなら、改善の余地はまだまだある。

しかし、そうでもないのに生活が苦しい、貯金ができないという場合は、「やりくり」の問題ではなく、「収入」の問題なんでしょう。「やりくり」だけで生活していけるわけではありません。「稼ぐ」という最も大事なプロセスがしっかりできていて初めて、「やりくり」の問題が出てくるんですから。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-家計管理の方法

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.