社会の仕組み

【終身雇用】実態のない「定年まで同じ会社で働く」という制度

更新日:

d95b83cb9030d0ee72dfec36d62808ed_s

終身雇用のことを「終身雇用制度」なんて言いますが、別に法律で「従業員は定年まで雇いましょう」なんて決まっているわけじゃありませんよね。

そう、終身雇用とは、ただの風習・慣行。それを支える仕組みとして、定期昇給、退職金、年功序列などがあっただけのこと。

果たして、そんな「終身雇用」にいつまでもすがり付こうとするメリットはあるんでしょうか?

実態においていかれる風習

「終身雇用は崩壊した」なんていう研究結果も出ているようですが、まだまだ終身雇用という風習は根強く残っている。おそらく、日本人には「会社はそう簡単に辞めるものではない。簡単に辞めるのはいけないことだ」という思い込みがまだまだ残っているということでしょうね。

そう、思い込み。「これが正しい」なんて思い込んでいても、実態がそれを実現してくれるわけじゃない。

そもそも、終身雇用という風習は、高度経済成長期ならではのものではないでしょうか?

「この会社はずっと成長していく」「この会社にいれば生涯安心」

経済の成長期にあると、人々は無駄に楽観的になりやすくなる。いいときはずっと続く。先が見える。そう明るい未来が。

しかし、楽観主義は楽観主義。現実はそうはいけない。上がるときもあれば、下がるときもある。世の中はそういう流れを繰り返すようですね。だから、上がっているときに「このままでいい」と思えた。そんな状況の中で、「定年まで同じ会社にいよう」なんていう風習が生まれたとしても、不思議ではないですよね。まあ、あくまでも僕の勝手な見解ですが。

時代は変わり、状況も変わった

時代が変わり、高度経済成長期が終わりを告げている。会社の寿命も短くなり、人々は悲観的にもなった。

楽観的になっているときは明るい未来が見えるのに、悲観的になると、「先が見えない」なんて言い始める。いつだって、「未来が見えない」というのは当たり前のことにも関わらず。悲観的になって、ようやく人々は「未来を完璧に予測することなんか絶対にできない」という現実に気付いたんでしょうか?

まあ、そういうわけで、今の時代は先が見えないんです。会社がいつなくなるかなんてわからないんです。いつリストラされるかなんてわからないんです。グローバル化の波がどういう影響を及ぼすのかがわからないわけです。

そんな状況だと、もはや「終身雇用」なんて言ってられないのかもしれませんね。会社はどんどん成長した。会社にずっといれば給料は増えた。そんなことはなくなってきて、成果主義、能力主義になった。定年まで会社があるかわからない。定年まで会社にいるには、結果を出していく必要性が高くなった。

状況が変われば、風習も変わるでしょう。いつまでも終身雇用制度なんていう幻を追いかけていないで、新しい時代を受け入れてもいいんじゃないでしょうか?

働き方の概念を変えてみる

終身雇用が終わり、成果主義の世の中になってきているのなら、そろそろ成果主義的な風習を考えてもいいんじゃないでしょうか?

「就職した会社で定年まで働く」という風習は、高度経済成長期に効力を発揮したものでしょう。それなら、今の時代には今の時代なりの働き方が必要なのかもしれません。

例えば、「一つの会社で定年まで働く」ではなく、「最も成果を出せる環境を探し、自分の価値を最大限に発揮し続ける」というような。

報酬は、提供した価値に対して支払われるもの。価値の高い企業の株を買えば多くのお金が手に入るし、「多くの雇用を生み出す、多くの価値を作り出す」というような経営者的な働き方ができれば、それに見合った報酬が得られるもの。

それなら、あなたの中にある価値を見出し、その価値が最大限に評価される場所を探し続けてもいい。どんな能力があっても、適した場所を選ばなければ、その能力が開花することは難しい。あれですよ。砂漠に朝顔の種を植えても花が咲かないのと同じ感じです。

風習が時代によって生まれるものなら、いつまでも終身雇用に執着していても仕方がない。今の時代には今の時代なりに生まれる風習があると思うので、いつまでも終身雇用の考え方を引きずって、「働き方はこうあるべきだ」なんて思い込んでいるのも、なかなか危険なことではないでしょうか。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-社会の仕組み

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.