お金を稼ぐ

収入を増やすよりも、口座の残高を増やしてみるのはどうでしょうか?

更新日:

8d77476e59aff7181a8154e2562c53a6_s
収入が増えれば、もっと楽な生活ができる。収入が増えれば、もっといろいろなものにお金を使える。

収入が増えれば、確かに多くのお金を使えますよね。しかし、多くのお金が使えるようになったからといって、お金を使いまくっていたのでは、あなたの資産は増えない。

人生は長いんですから、多くの資産を持っておくことに越したことはありません。その資産の代表格が「貯金」。銀行にお金がたくさんあれば、結婚式の招待状も恐くない。結婚や出産だって恐くない。職を失うことへの恐怖だって、お金があればあるだけ少なくなる。

それらの恐怖を収入だけでカバーできればいいんですが、貯金する習慣がないと、やはり資金繰りに困ってしまう。失職したら、頼りの収入もなくなりますしね。

そこで、「収入を増やす!」ことだけじゃなく、「預金残高を増やす!」という目標も持ってみてはいかがでしょうか?実は、「預金残高を増やす!」ことを目標にすることで、収入や家計管理までカバーできるようになるんです。

収入を増やすだけじゃ足りない

収入が増えると、それだけ支出も増やせる。僕の経験上ですが、収入が増えると、ついつい支出も増えてしまいます。今までの収入で我慢していた部分が爆発して、ブランド物を買ってみたり、服を買い込んでみたり、やたら遊びに行ったりしてしまう。

確かに、収入が増えると、多くのお金を使えるようになる。しかし、収入に合わせて支出も増やしていったのでは、銀行口座にお金が積み上がっていかない。

そうなると、結婚式の招待状が恐くなる。入院するのが恐くなる。職を失うのが恐くなる。収入が減るのが恐くなる。

極端な話、お金があればあるだけ、社会で優位に立つことができます。多くのお金を持っていれば、嫌いな仕事を続ける必要性も弱くなってくる。会社の言いなりになる必要はない。気に入らなければ、雇用契約なんかしなければいい。

収入が多いのは、いいことです。しかし、収入が多いだけじゃ足りない。預金残高を増やしていかないと、社会的に弱い立場から抜け出すことは難しいんです。

預金残高を増やすことを目標にすると、こんなメリットがある

「収入を増やす!」というのも、立派な目標。達成できれば、あなたの経済力はグンと上がります。

しかし、先ほども書いたように、収入を増やすだけじゃなく、支出の管理もしっかりしないと、社会的に弱い立場からはなかなか抜け出せない。そこで、「預金残高を増やす!」という目標が活きてくるわけです。

ところで、預金残高を増やすためには、何が必要でしょうか?

答えは、意外と単純です。

貯金するには、「収入-支出」の金額がプラスにならないといけないですよね。つまり、預金残高を増やしていくには、「収入を増やす」か「支出を減らす」という選択肢しかないわけです。

「預金残高を増やす!」という目標を持てば、同時に「収入を増やす」と「支出を減らす」という目標が持てる。

支出は、比較的簡単に減らせますが、どうしても限界がある。誰にでも、「これ以上は節約できない!」という壁が存在するわけですから。

支出を減らして、預金残高が増えてきた。しかし、これ以上の成長は見込めない。支出も限界近くまで切り詰めた。そうなったときにもっと預金残高を増やしていくには、収入を増やすしかない。収入を増やすのは簡単じゃないかもしれないけど、支出は簡単に減らせる。だったら、支出を減らしながら、収入を増やす努力をする、なんて戦略も取れる。

「預金残高を増やす!」という目標を持てば、「稼いで、貯める」という非常に大切なプロセスを、たった一つの目標でカバーできるようになるんです。

預金残高が増えていくのは面白い

収入が増えるのも面白いけど、預金残高も増えていかないと、どことなく不安は残ってしまう。それでは、いまいち面白くない。

しかし、収入も増えて、預金残高も増えていくのは、もっと面白い。最悪、収入はそのままでも、預金残高が増えていくのは面白い。

個人的な感想ですが、預金残高という「実績」が積み上がっていくのって、面白いし、モチベーションも上がる。通帳でも、ネットバンキングの明細でも、預金残高が増える様を見ていくのは、なかなかエキサイティングです。

でも、考えてみると、預金残高を増やすことに集中しすぎて、節約ばかりしているのはつまらない。

人生は、楽しんでナンボのものだと思います。でも、お金は持っておいたほうがいい。この辺のバランスが、なかなか難しい。

数字目標を持ってみよう

自分の年収の2倍くらいの貯金があれば、最悪2年間は働かなくても生活できる計算になる。自分の年収分の貯金があれば、最悪1年間は働かなくても生活できる。

「年収~年分の貯金」というのは、安心を得られる数字です。働かなくても、今の生活水準なら、預金残高分だけ生活できる。まずは、この「安心感を持てるレベル」を自分で決めて、そこを目標にしてみるといいかもしれません。

そうじゃなくても、「一年後に100万円!」くらいの具体的な目標を設けて、預金残高を増やしていってもいい。

具体的な数字目標があると、やる気も出ます。目標に対してちょっと余裕ができれば、好きに遊ぶことだってできます。

そして、目標を達成するために、考えることが大切です。「無理だ・・・」じゃなくて、「どうしたらできるか?」。この思考回路があるだけで、あなたは「無謀はチャレンジャー」と呼ばれるようになるかもしれません・・・。

でも、世の中に教科書なんかないんです。だったら、「どうしたらできるか?」と考え、生まれてくるアイディアこそ、あなたの人生をより良くするためのエッセンスになるんじゃないでしょうか?

お金は力なのか?

世の中、お金が全てだとは思いません。家族、友人、恋人などは決してお金で買えないものでしょう。(いや、お金で買えるときもあるかな・・・?)

まあ、そういうものをお金で買えたとしても、お金で買えない価値には代えられないものでしょう。確かに、世の中お金が全てではない。

しかし、お金が必要じゃないとも言えない。お金があれば、力を持てる。この社会の性質上、お金があればあるだけ、自分の思い通りに立ち回ることも可能になります。

そういう面を「汚い」と思って切り捨てるのは自由ですが、それは同時に「力を持っていないための不自由」を受け入れることを強要されることでもある。会社の言いなりになってもいい。「お金がない」なんて嘆かない。そんなことを言うなら、それはそれでいいんでしょうけど。

要は、「何事もバランスが大事」ってことですね。あなたが何を望んでいるのか。それをあなた自身が理解していれば、そのバランスは自ずと取れてくると思います。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を稼ぐ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.