お金を稼ぐ

貧乏は遺伝する?教育格差が生み出す経済格差

更新日:

0ac07f98b01a06e0401c0a2a1f387d58_s
貧乏な親の子供は、貧乏になりやすい。そう囁かれることもある。

その原因として、「親の経済力」が問題として挙げられる。親の経済力が弱いと、教育格差が生まれてしまう。

学歴重視だった日本の就職市場においては、やはり学歴が重視されやすい。そういう傾向もなくなりつつあるけど、完全になくなったわけでもない。つまり、教育格差が、経済格差に繋がる可能性も高いということ。

貧乏は遺伝する。そんな悪循環を断ち切る方法はないのか?そのために、認識すべきことは何のか?ちょっとだけ考えてみましょうか。

貧乏が生み出す教育格差

経済格差が教育格差に直結してしまう。なぜなら、教育にはお金が掛かるから。

義務教育も、無料ではない。高校に行くのだって、大学に行くのだって、お金が掛かる。更に、塾に通うのだって、お金が掛かる。

つまり、貧乏な家庭では、子供に投資する機会が少ないということ。資金があれば、子供にいい教育を受けさせられる可能性が高くなる。子供に無理なく進学させてあげられる。教育格差の中で、優位に立てる。

それに、実家を離れて大学に通う場合だと、仕送りができるのとできないのでは、子供が勉強に励める時間が変わってくる。バイトの収入がないと生活できない大学生は、仕送りだけで生活できる大学生よりも、やはり自由な時間が限られてしまう。

まあ、自由な時間とお金があると、遊びまくる大学生も少なくないですが。

稼ぐ力の弱い学生にとって、親の経済力というのは、「どれだけ自由に教育を受けられるか?」という教育格差の問題に直結してしまう。この問題はテレビなどでも討論されているが、解決の糸口はなかなか見つからないよう。

学歴格差と就職格差

「いい学校に入れば、いい会社に入れる」

この考え方は、古臭い部分もあり、生き残っている部分もある。「そういう時代は終わった」という意見もあるけど、採用条件に「大卒以上」と明記している会社もまだまだ存在する。

これだと、大学に通えないほどの経済力の家庭で育った子供は、その時点で就職する会社が限られてしまうことになる。正に、教育格差が経済格差に繋がる問題点。

教育格差が経済格差を生む理由、また、「貧乏は遺伝する」なんて言われる理由は、この辺りにあるのかもしれません。

成果主義に移行したと叫ばれても、完全に移行したわけじゃない。学歴を重視して雇用する人間を決める会社はまだまだたくさんある。

ただ、学歴が良くても、就職できない学生もいる。東大なのに、就職浪人。そういうのも、別に珍しい話じゃなくなってしまいました。そう考えると、「いい学校に入れば、いい会社に入れる」というのも、絶対的な神話ではなくなっているようですね。

同じ土俵で戦えないのなら、別の戦い方を探す

貧乏な家庭で育ったからといって、後悔したり、親を恨んだりしても仕方ないでしょう。そんな後ろ向きな姿勢よりも、前を向いたほうが効率的だと思います。

貧乏な家庭で育ったのなら、中流以上の経済力を持った家庭で育った人たちと同じレールは走れない。教育格差はなかなか避けられない。これは、どうしようもない事実でしょうね。

それなら、「中流以上で育った人と同じレール」なんて走ろうとしなければいい。同じ土俵で戦っても、勝ち目が少ないことはわかっている。だったら、「どうやったら中流以上に勝てるのか?」を考えればいい。

「いい学校に入れば、いい会社に入れる」という土俵で戦おうとしないで、別の戦い方を探してもいい。

それに、その神話は崩壊しつつある。ならば、きっと別の戦い方も存在するでしょう。

今は、新入社員をじっくり教育するよりも、即戦力を求める会社も増えています。きっと、そこまでの投資をする気がないか、資金がないためでしょうね。

だったら、「この業界で働く!」という戦略を立てて、その業界で使えるスキルを磨く。例えば、業界に入りやすいアルバイトからの出世を狙ったり、必要な資格があれば、独学ででも取得してみたり。

「いい会社に入るには、いい学校に入るしかない!」なんて思い込んでいるから、親を恨んだり、後悔したりしてしまうんです。そう思い込むと、中流以上の人たちと同じ土俵で戦うことになってしまう。教育格差に立ち向かうことになってしまう。

勝ち目は少ないので、なかなか勝てない。そして、モチベーションが下がってしまう。

この社会に、「絶対」なんてないと思ったほうがいいかもしれません。状況が違うなら、その状況ならではのやり方がある。

それなら、状況が違うことをしっかり認識することが大切。それから、自分の状況にあった戦略を考えればいい。

学歴重視はなくならないのか?

「いい学校に入れば、いい会社に入れる」と思い込んでいる人もまだまだたくさんいます。現実は、必ずしもそうなってはいないにも関わらず。

まあ、昔からそう叫ばれていたし、周りにそう思い込んでいる人たちもたくさんいるから、その認識はなかなか変わらないんでしょうね。

しかし、「いい学校に入れば神話」を信じている人もいるから、その視点で採用する会社も存在するでしょう。

結局、学歴重視はなかなかなくならないと思います。でも、学歴重視が全てかと言ったら、そうでもない。実際、学歴が良くても落とす会社が増えているので、学歴なんか関係なしに就職できる可能性もしっかりあるでしょう。つまり、教育格差が経済格差に繋がることが「絶対」かと言えば、そうでもないということ。

だから、学歴重視の会社にばかり申し込みしてしまっているのに、「自分は学歴がないからダメなんだ・・・」なんて勘違いするのは、良くない。学歴という色眼鏡なしにあなたを評価してくれる会社に出会えるまで、頑張ったっていい。

学歴神話は、もはや絶対ではないんです。それなのに、学歴神話を「絶対!」なんて思い込んでいると、別の可能性を見付けることすらできなくなってしまうでしょう。

それに、世の中の成功した起業家の中には、たいした学歴を持っていない人も結構いる。別に、就職するだけが幸せに生きる道じゃない。

「正社員じゃなきゃいけない!」なんて思い込みも日本にはあります。ではなぜ、正社員なのに幸せそうじゃない人、お金に困っている人がこんなにもいると言うんでしょうか?

いい会社が存続していくとは限らない

最後に、貧乏な家庭で育ったとか、金持ちの家庭で育ったとかは関係ない、可能性の話を。

見方を変えれば、貧乏な家庭で育ったからと言って、いい会社に入れないとは限らない。逆に、金持ちの家で育ち、いい学校に行ったからと言って、いい会社に入れるとは限らない。

そして、これはどちらにも言えること。

いい会社に入れたからと言って、その会社が、あなたが定年を迎えるまで存続するとは限らない。

高度経済成長期とは違い、「作れば売れる」という世の中じゃなくなってきている。だから、かつては「大企業」ともてはやされた会社でも、経営に苦しんでいるところもある。

いい会社に入れば、経済的に楽になる?いや、そうじゃないかもしれない。

経営難によってリストラされる可能性は?会社そのものが倒産する可能性は?そもそも、その職場があなたに合っていなかったら?いい会社に入ってもお金に困る可能性は?

「いい会社に入れば将来は安定する」なんて考え方は、他の可能性を無視してしまっている。だから、「いい会社に入れば神話」は、ただの神話でしかない。

これを考えると、ある人は希望が湧き、ある人は危機感を覚えるかもしれない。

結局、世の中の「こうじゃなきゃいけない!」という説は、ただの思い込みである場合が多い。その思い込みを払拭するには、「別の可能性はないのか?」や「こうでもいいんじゃないか?」という全体を見る視点を持ち、状況を広い視野で認識し、それに見合った戦略を立てていくことでしょうね。

そう考えると、教育格差も、そこまで問題じゃないのかもしれません。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金を稼ぐ

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.