お金の貯め方

上手な貯金の仕方を身に付けるには、基本を抑えることが大事

更新日:

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

貯金は、単純に口座の残高を増やしていくだけではない。「貯金の仕方」を細分化してみると、「貯金する」という行動にたどり着くまでに、いくつかの手順があることに気付く。

これらの手順を無視していては、効率的に貯金し、口座の残高を増やしていくことは難しいかもしれない。

逆に、これらの手順をしっかりこなしていけば、効率的に貯金していくことも可能なはずだ。別に、全ての手順をしっかりこなす必要はないのかもしれない。ここで紹介する手順には、「工夫」も含まれているから。

しかし、効率的な貯金の仕方を身に付けたいなら、「貯金までのプロセス」を知り、何が足りないから上手く貯金できないのか、何を改善すれば効率的な貯金の仕方が可能になるのかを、考えて頂きたい。

1、収入を得る、収入を増やす

非常に当たり前のことだが、収入がないことには、貯金するお金が生まれない。「貯金の仕方」は、何も、「どうやったら上手く貯金できるか?」という問題だけではない。

貯金できるお金は、収入から生まれてくる。しっかり働いたり、何かしらの手段でお金を稼いだりしないと、貯金の仕方を知っていても、口座の残高が増えることはない。

もし、あなたが、「どうしても貯金ができない」という状況にあるなら、貯金の仕方云々ではなく、この一番大事な手順がしっかりできていない可能性がある。

節約すれば貯金できる?「誰でも上手くいく貯金の仕方」を身に付ければ貯金できる?そんなわけがない。

そもそも、どうやっても貯金できないほどの収入しかないのなら、口座の残高を増やすことは難しい。この手順は、「貯金の仕方」とはかけ離れたもののように思えるかもしれないが、「貯金の仕方」を細分化してみた結果、一番大事な手順だということに気付くと思う。

2、支出を収入の範囲内に収める

貯金は、単純な引き算だ。「収入-支出」で出た金額が、そのまま貯金の金額になる。この数字を大きくすれば、あなたの口座の残高はどんどん増えていく。逆に、この数字が小さいままだと、いつまで経っても口座の残高はなかなか増えない。

つまり、効率的な貯金の仕方を行うためには、「収入-支出」の金額を、プラスにする必要があるということ。マイナスでは、あなたの口座の残高は減少していく。プラスでも、できるだけ大きなプラスにしたほうが、口座の残高は増えていく。

支出を収入の範囲内に収めることは、収入を増やすよりも、ずっと簡単。だから、ある程度しっかりした収入があり、「もっと貯金したい」と思うなら、この手順に力を入れてみてほしい。

収入を増やすには、時間が掛かるし、リスクが伴うことも多い。しかし、支出を抑えることは、今からでも、明日からでもできる。当ブログでは、「無駄遣いを減らすために知っておきたい考え方」のような、節約に関する記事もいくつか書いているので、参考にして頂きたい。

あなたが、貯金の重要性を理解し、「もっと貯金したほうがいい」と感じているなら、無駄な支出を削減したり、固定的な支出を見直すなどして、しっかり貯金していけばいいでしょう。

3、貯金用の銀行口座を用意する

正直なところ、「貯金の仕方」で特に重要な手順は、上で挙げた2つだけだ。この2つの手順をしっかりこなせていれば、貯金をして、口座の残高を増やしていくことはできる。

ただ、工夫できるなら、もっと工夫したい。それによって効率的な貯金の仕方が可能になるなら、工夫してみてもいい。

その一つが、これ。この手順は、「貯金の効率化」というのを考えたときに、重要なものになる。

貯金用の銀行口座を用意する理由は、簡単。

銀行口座には、給料が入ってきたり、引き落としがあったり、貯金しておいたりと、様々な役目がある。そして、この役目を一つの口座に任せてしまうと、どの金額がどの用途のものなのかが、わかりづらくなってしまう。

だから、貯金用の口座は、別に用意したほうがいい。銀行口座なんてものは、ちゃんと身分証明書が用意できれば、簡単に作ることができる。

貯金用の口座を用意することで、「この口座のお金は貯金だ」と、明確に認識できる。口座の残高が増えていけば、いくら貯金しているのかが、簡単にわかる。

しかも、「この口座では貯金しかしない」と決めてしまえば、お金の出入りが限定されるので、誘惑に負けて余分にお金を引き出してしまうなんてことも少なくなると思う。

ちなみに、口座の使い方については、「お金を賢く管理する!おすすめの口座の分け方」で詳しく書いているので、読んでみてほしい。

4、毎月の貯金額をあらかじめ決めておく

この手順は、貯金の仕方を仕組み化することによって、効率的に貯金していくためのもの。

仕組み化と言っても、そんなに難しいことじゃない。ただ、仕事のマニュアルのように、「こういうやり方でやろう」と明確化すること。

効率的な貯金の仕方をしていく上で、この手順はなかなかの効力を発揮する。毎月の貯金額を明確にしないで、「今月はこれでいいや」のようにダラダラ貯金していっても、多くのお金が支出として消えていく可能性が高い。

だから、仕組み化する。ルールを明確にする。「毎月~円は貯金する」と明確にしてしまえば、残りのお金で生活したり、娯楽費として使ったりすることになる。

この境界線をはっきりさせておくことによって、支出のコントロールにも繋がり、効率的な貯金の仕方が可能になる。

これに加えて、「いつまでに~円貯金する」という目標を立てておけば、貯金すること自体が楽しくなってくる。目標や目的があれば、意外と行動できるもの。効率的な貯金の仕方をするためにも、この手順もしっかり考えてみてほしい。

5、「収入が入ったら貯める」という貯金の仕方をする

「余ったら貯める」ではなく、「まず貯める。それから使う」という貯金の仕方。最後に、この手順を意識しよう。

あらかじめ決めていた貯金額があれば、すぐに実行する。収入が入ったら、すぐに貯金用の銀行口座にお金を移動させる。この手順は、「効率化」という観点では、かなり重要なものになる。

そもそも、人間はお金に弱い。お金の誘惑に弱い。それに加えて、社会にはお金を使わせる仕掛けが溢れている。用途がハッキリしないお金を持ち歩いていると、簡単に使ってしまうことができる。それが、この社会と、人間の心理。

だから、「使っていいお金」と「貯めておくお金」の境界線をハッキリさせることが大事。

精神的なものだけじゃなく、「口座に移動してしまう」という物理的な手順を踏むことで、お金の境界線を付けやすくなる。

そして、「貯金用の口座のお金は滅多なことがない限り(入院のような急な出費など)引き出さない」のようなルールを設けておけば、効率的な貯金の仕方ができるはずだ。

上手な貯金の仕方は単純で、裏技はないだろう

貯金の仕方を細分化して、最も重要な手順だけを取り出すと、それは「稼いで、管理する」という非常に単純なものだ。これがしっかりできていれば、貯金できることになる。

「稼いで、管理する」という単純な手順をこなせていないのに、裏技的な貯金の仕方を求めても、仕方がない。この記事で紹介したような工夫はできても、「稼いで、管理する」という手順を無視した貯金の仕方・裏技なんて、存在しないだろう。

もし、あなたが「もっと効率的に貯金したい」と思っているなら、今回紹介した手順を参考にしながら、効率的な貯金の仕方を模索していってほしい。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-お金の貯め方

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.