生活情報ネタ 節約術

生活費を節約する方法まとめ!実践したい小技集

更新日:

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s学生時代は、本当にお金がなかった!そして、社会人になりたてのときも、意外と生活費がかさんで大変だった!

そんな状況を乗り越えてきた中で、いくつかの「生活費を節約する方法」を身に付けてきました。今でも使っている節約術もいくつかあります。

そこで、僕が実践してきた「生活費を節約する方法」をまとめて紹介しておきます。出費がかさむときは、一つでもいいので実践してみて下さい。

生活費の節約~節約術~

外食を控え、できるだけ自炊に励む

外食って、自炊に比べると、やはり生活費を圧迫してしまう。これは、コンビニ弁当なども同じです。自炊は、それなりの節約になるんですよ。

ただ、一人暮らしだと、一人分作るのが面倒だったりします。そういうときは、日持ちする料理を作るようにして、2日分でもいいので、まとめて料理してしまう。冷蔵庫とタッパーでもあれば、特に問題なく食料をゲットできます。

あと、僕はやらないですが、弁当を持ち歩くのも節約になるかと。僕がやらない理由は、「荷物が増えるのが嫌だから」という単純なものなんですけどね。

コンビニよりも、スーパーやドラックストアで買い物する

コンビニって、やっぱり高いですよね。スーパーやドラックストアと比べてみると、価格が全然違う。ペットボトルのジュースなんかは、一目瞭然って感じですよね。

コンビニは、割と近くにあるでしょうし、そんなに並ばなくていいので便利かもしれませんが、生活費の節約を考えるなら、スーパーやドラックストアのほうがいい。食料や日用消耗品は、できるだけ安く仕入れましょう。

電気の使い方は賢く

小まめに電気を消したりするのって、そんなに節約効果はないような気がする。ただ、必要のない電気を点けっぱなしにしたり、何となくテレビを点けておいたりするのは、やはりもったいない気がする。

ちなみに、エアコンって、小まめに消したり点けたりするくらいなら、ずっと点けているほうが、電気代は掛からないらしいですよ。電源を入れたときって、それなりに電気を食うらしいです。

シャンプーなどは安くて量の多いものに替える

貧乏くさいかもしれませんが、シャンプーとか洗剤とか歯磨き粉のような日用消耗品を安くて量の多いものにする。これだけでも、ちょっとした生活費の節約になる。

愛着があるものを使い続けるのもいいかもしれませんが、生活費を節約したいなら、こういう小技を使う手もあります。

外出を控えめにする

本当に生活費を節約したいなら、仕事や学校が終わったら、できるだけすぐに家に帰る!休みの日も、家でのんびり過ごすようにする!

ほら、外に出ると、ついついお金を使ってしまうじゃないですか。喉が渇いてジュースを買ったり、お腹が空いて牛丼食べたり、衝動買いしたり。

予定がないなら、あえて外出しないようにする。こういう地味な行動も、結構な節約になりますよ。

飲み会を断る

飲み会に毎回参加していると、何だかんだで一回に5000円前後の出費になる。生活費を節約したいのに、飲み会代がかさんでいるようじゃ、元も子もないでしょう。

付き合いは大事なので、毎回断る必要もないですが、予算をしっかり決めて、予算オーバーするときは断るようにする。お金がないなら、仕方ないじゃないですか。断るのも勇気!ですよ。

生活費の節約~お金の管理~

あまりお金を持ち歩かない

財布にたくさんお金が入っていると、ついつい使ってしまうのが、人間の心理というもの。だからこそ、財布にそんなにお金を入れておかない。地味ですが、そこそこ効果のある節約術です。

人間というものは、お金の誘惑に弱いもの。それなら、お金を遠ざけてしまうことで、心理的にあまりお金を使わなくなるような気がします。僕の経験上は。

貯金は最初にしてしまう

これも、お金を遠ざけて、生活費を節約する方法の一つ。余ったら貯金するのではなく、貯金してから使う。

これによって、生活費の予算の上限を少なくすることができるので、結果、節約に繋がる。最初に貯金する習慣を身に付ければ、貯金も上手にできるようになり、一石二鳥。

生活費と娯楽費は別々に管理する

理想は、食費や日用消耗品を買うための生活費と、娯楽に使うお金を、別々の財布で管理してしまうこと。

「食費とか日用品とか水道光熱費のような生活費は、このお金で!」や「遊びや趣味代はこのお金しか使えない!」というように、最初に予算を種類別に決めてしまう。家計簿をつけている方なら、この節約術はすぐに実践できると思います。

この予算管理術をきちんと実践できれば、節約効果はそれなりに高い。

還元率の高いクレジットカードを使う

クレジットカードを頻繁に使う方なら、REXカードという還元率が1.75%のクレジットカードを使ってしまうのも手。

一般的なクレジットカードだと、還元率は0.5%くらい、楽天カードでも、還元率は1%しかない。もし、年間50万円分の利用があったとすると、年間で8750円のキャッシュバックを受けられる。

年会費は2625円ですが、年間で50万円、月にすると毎月4万円ちょっと使えば、年会費は無料になる。お得なクレジットカードも、ちょっとした節約として使えます。

あえてクレジットカードを使わない

逆に、そこまでクレジットカードを使わないような方なら、クレジットカードを完全に使わないようにするのもいいと思います。

不思議なことに、カード払いに慣れていないと、ついつい出費がかさんでしまうもの。お金を使う感覚が薄いというのは、なかなか恐いものです。

僕も、たまにクレジットカードを使うようなレベルだったんですが、完全に現金派のときのほうが、何故だか出費が減っていきました。人間の心理って、面白い。

500円玉貯金をする

家に帰ってきたときに、財布に500円玉があったら、この貯金箱にダンクシュート。使えるお金が地味に少なくなるので、生活費の節約にもなるし、ちょっとした貯金もできる。

地道に500円玉貯金を続けていると、結構な金額が貯まります。誘惑に負けないで、貯金箱をいっぱいにしてみましょう!

振込みは新生銀行か住信SBIネット銀行で

3大メガバンクだと、振込み手数料が普通に掛かりますよね。しかし、新生銀行なら、月に一回は振込み手数料無料で振込が行える。しかも、住信SBIネット銀行なら、月に3回は振込み手数料が無料になる。

家賃のように、毎月振込みをするものがある場合、これらの銀行を使って振り込むことで、月に500円前後の節約になる。小さな金額ですが、これらの銀行はATM手数料も無料なので、意外と節約になると思いますよ。

電子マネーに頼りすぎない

suicaのような電子マネーって、チャージしておけば、ワンタッチで電車に乗れたり、買い物したりできる。しかも、最近では、電子マネーが使えるお店が増えているので、更に便利。

ただ、電子マネーもお金を使っている感覚がどこか薄いような気がするので、できるだけ現金を使ったほうが、節約になるような気がする。まあ、しっかりコントロールできるなら、問題ないんですが。

とりあえず以上です。ストレスフリーな節約をして下さい

思いついたものをテキトーに挙げてみましたが、とりあえずこんなものですかね。何かの参考になれば嬉しいです。

最後に、一つだけアドバイスを。

生活費を節約するには、ストレスフリーであることが大事だと思います。生活費を節約しようとすることでストレスが溜まり、そのストレスが爆発していつか大きな衝動買いをしてしまうようなら、節約してきた意味がないからです。

だから、そんなに意識しないでも、気軽に行える節約術を見つけて、無理のない程度に節約していったほうが、効果的な節約ができると思います。

是非、ストレスフリーな節約を!

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-生活情報ネタ, 節約術

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.