株式投資について

住信SBIネット銀行の目的別口座が便利すぎる!使うべし!

更新日:

e4bd8fe4bfa1sbie383ade382b4

住信SBIネット銀行というネット銀行の口座。これは、持っておくとかなり便利に使える。

銀行は世の中に数多くありますが、これほど機能が充実したものは、見付からない。ネット銀行ならではの便利機能といったところでしょうね。

住信SBIネット銀行の目的別口座

住信SBIネット銀行には、「目的別口座」というものがある。

まず、SBI銀行に口座を開くと、「代表口座」というのが貰える。まあ、ここまでは当たり前。

そして、ここからが凄いところ。住信SBIネット銀行は、ネット上で、自分で好きなように口座を作れる!

目的別口座はこんな感じ

例えば、「家を買うための資金」とか「旅行に行くための貯金」とか「車を買うための貯金」とかいう名前を付けた口座を、自分で作れるってこと。

もちろん、直接現金の出し入れが出来るのは、代表口座のみ。

目的別口座の機能を使って作った口座には、ネット上で振り替えを行い、代表口座に入れたお金を自由に管理することができる。

代表口座がメインなら、目的別口座は「サブ口座」ってところです。サブを自由に作れるので、目的別に貯金を管理しやすくなる!

住信SBIネット銀行は、手数料もお得

住信SBIネット銀行では、ATM手数料無料、振込み手数料無料というサービスが充実している。

ATM手数料は、セブン銀行ならいつでも無料。

また、ゆうちょのATM、主要コンビニで置いてある「イーネット」のATM、そして、ローソンのATMでも、月5回までならATM手数料が無料。6回目以降は、105円が掛かる。

つまり、近くにコンビニがあれば、手数料を気にしないでお金の出し入れができるということ。

ちなみに、住信SBIネット銀行以外の銀行への振込みも、月に3回までなら無料です。これは結構大きい。

SBI証券との連携も

名前の通り、住信SBIネット銀行は、業界最大手の証券会社であるSBI証券と運営会社が同じなので、連携できるようになっている。

SBI証券と住信SBI銀行を連携させると、銀行の目的別口座一覧に「SBIハイブリット預金」というものが加わり、ここにお金を振り返れば、SBI証券の買い付け余力として反映される。

つまり、SBIハイブリット預金は、SBI証券に入っているお金そのもの。証券会社からの振込みを待たなくても、ここに振り替えてしまえば、株などを売ったお金を素早く現金化できる。

まとめ

住信SBIネット銀行は、サブ銀行として使うといい。三井住友やみずほ銀行などの大手をメインとして、SBI銀行は貯金用のサブ銀行として使う。

SBI銀行には通帳がないので、給料の振込みや口座引き落としなどを行うときは、大手の銀行のほうがいいと思う。

それに、ネット銀行には、事務的な手続きのときにいろいろ制約があったりするので、住信SBIネット銀行は「自分のお金を自由に管理できる便利な銀行」として捉えておくといい。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-株式投資について

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.