時間

時間がないと感じる時の処方箋。タスク管理術を学ぶ

更新日:

4337be03303cb826eb7d9e664a247a70_s

「時間がない」と嘆く人の中には、時間の使い方が上手くないせい時間がなくなっている人も多いような気がします。つまり、改善点を探せば、意外と見付かる可能性が高いということ。時間の使い方が上手くなれば、「時間がない!」がある程度は解消できて、少しでも思い通りに生活や仕事ができるはず。何はともあれ、「時間がないと感じるときの処方箋」、やってみようじゃありませんか。

時間がないのは何故だろうか

人間は、機械じゃありません。気まぐれな部分が多々ありますよね。気分によって行動も変化するから、上手く時間を使えるときと、そうでもないときがある気がしませんか?人間って、そこまでスケジュールに忠実に行動できるように出来ていない気がするんですよね。ほとんど目の前のことしか考えられないし、やっぱり気まぐれだし。あと、「習慣」を覚えてしまいますし。

重要なことを先延ばしにしていないか

外回りに行きたいのに、メールのチェックに時間を取られすぎる。掃除をしたいのに、目の前のテレビが気になって仕方がない。本当に重要なことがあるはずなのに、何故だか「そこまで重要じゃないこと」に気を取られて、重要なことが後回しにされてしまっていませんか?「80対20の法則(パレートの法則)」によれば、行動の8割くらいは、たいした結果を生み出さない行動ということ。仕事中の時間の使い方なんかは、改善の余地がたくさんあるかも。

新版 人生を変える80対20の法則

悪い習慣を断ち切る

習慣化はいいものでもあり、悪いものでもあります。どうでもいいようなメールのチェックとか会議とかが習慣化してしまうと、何も考えずに、「どうでもいいようなこと」を平気でやってしまう。問題は、思考停止です。そこで、一度考えてみるのもいいんじゃないでしょうかね。「普段無駄な行動たくさんしてないか?だから時間がないんじゃないか?」って。「時間がない!」を生み出す悪い習慣を見つけ出し、断ち切ってみるのも面白い。

タスク管理術をやってみよう

ありがちかもしれませんが、「タスク管理術」は時間管理にかなり役立ちます。他に改善策が見付からないなら、とりあえずやってみる価値はありますよ。タスク管理術は、「7つの習慣」という本でも紹介されている、なかなか実践的なものです。事前にタスクを洗い出して、紙に書くなどして形に残す。これを見直せば、頭の整理ができるわけです。

7つの習慣-成功には原則があった!

やるべき事を書き出しておく

まずは、ちょっとだけ時間を割いて、やるべき事をリストアップします。仕事でも、普段の生活でも使えるテクニックですよ。今日は何をやるべきか、もしくは、明日何をやるべきか。本当にやるべき事だけを書き出したほうがスマートかも。ついでに、「時間が余ったら是非これはやりたい!」っていうのも書いておくと、「時間がない!」が解決したときに、余った時間を有効活用できるでしょうね。

タスクに優先順位を付ける

書き出したやるべき事(タスク)には、優先順位を付けます。「7つの習慣」の中では、「優先度が高く、緊急性が高いタスク」には「A」を、「優先度は高いが、緊急性が低いタスク」には「B」を、それ以外には「C」を付けることを勧めています。こうして見ると、「C」ってどうでもいいですよね。「Cランク」のタスクは、「やらなくてもいいもの」なので、かなり後回しにできるわけです。

優先順位が高いタスクから片付ける

「Aランク」のタスクは、優先度も緊急性も高いので早めに片付けます。時間が迫っているアポとかがそうですかね。その次は、「Bランク」を片付けましょう。勉強とか、新規顧客の開拓とかはこの辺にあたるでしょう。「Cランク」はどうでもいいので、「Bランク」のタスクをもっと考えてみたほうが効率的になると思います。普段の生活の中なら、息抜きに「Cランク」をこなすのはありです。

タスクリストを見直す

実際にこのタスク管理術をやってみるとわかると思いますけど、タスクリストを見直さないと、「あれ、あとなんだっけ?」ってことになります。一つのタスクが片付いたら、タスクリストを見直すようにしましょう。人間の頭はそこまで優秀じゃないんですよね。だから、メモとか手帳とか大事になるんですよ。マニュアルだってそんなもんです。

人は計画的に行動できないのか

人間はそこまで優秀じゃないというか、機械みたいに正確な判断はできないようですね。数学を理解している人の話だと、「人間は確率的に物事を考えられるようにはできていない」らしい。思い込みも激しいし、本当のことなんかわかってない。目の前のことでしか判断できないから、「これやろう!」と過去に思ってたことも、結構スルーされる。

人は忘れてしまう生き物

「三日坊主」なんて言葉があるように、人間は三日くらいたつとかなり多くのことを忘れてしまうようです。失恋したときなんかは、ひたすら時間が経過すると、意外と忘れられるもの。あなたが今この記事を読んで覚えたことも、一週間後にはほとんど覚えていないってわけです。ちゃんとブックマークしてって下さいね!

だからこそ、タスク管理をする

朝に考えたタスクでさえ、昼過ぎくらいには結構忘れているものです。いろいろタスクをこなしている間に。せっかく立てた計画なら、そのときそのときの思いつきで行動するよりも、計画的に行動させてくれるはず。だからこそ、タスク管理は欠かせない。それに、「人間は忘れる生き物」ということを考えると、「今日だけ」のようなタスクじゃなく、「長期的にこれを達成したい。だから、明日はこれをやる」のように、計画性の高いタスクリストを作成することが大事になってくるでしょう。

「時間がない」を断ち切るツール

タスクリストなんて、ただのメモ紙でもいいし、手帳の片隅にでも書いておけばいいんです。でも、タスク管理をやりやすくするツールというのは多く存在しています。「ちゃんとやる」っていう形式的なものが欲しいなら、タスク管理ツールを使ってみるのはいいかも。

スマホを活用する

iphoneにはデフォルトでタスク管理の「リマインダー」ってアプリが入っているし、Googleでも「To Doリスト」みたいなものがあったはずです。スマホなら、持ち歩けていつでも確認できるので、個人的におすすめなのはこの辺かな。エクセルで「タスクリスト」って紙を自分で作って持ち歩けるようにしておいてもいいかも。パソコンを持ち歩くのは、起動が面倒なので個人的には好きじゃない。

フランクリン手帳の活用

「7つの習慣」で紹介されている目標管理とかタスク管理とかを完璧に行えるように作られているのが「フランクリンプランナー」っていう手帳。この手帳は、一日ごとか一週間ごとにタスクと優先順位、進行状況を書き込めるようになっていて、正に「タスク管理術のための手帳」って感じ。目標までの流れとかも書き込めるので、「7つの習慣」を再現するには、最良の手帳。ただ、分厚くて重くなりますけどね。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

-時間

Copyright© お金の知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.